「仕組み経営大百科」のダウンロードはこちらから

【仕組み経営レポート】3万社の実績データを基にした”社長が交代しても成長できる仕組みづくり” (前半)

社長にとって、絶対に逃げられない事実は、

”いつか自分の会社を離れる時が来る”

ということです。

高齢による廃業、事業承継、会長職への勇退、事業売却、病気/死亡など、理由は、いつか会社を離れるときが来るのが事実です。

現役の経営者にとって、最後にして最大の大仕事は、そのときに向けた仕組みづくりをする、ということです。

その仕組みづくりが出来なければ、自主廃業ということになり、顧客、社員、関係各社への義務を果たせなくなり、経営者自身も、そのキャリアの最後において口惜しさが残るに違いありません。

そこで、この記事では「社長が交代しても成長できる仕組みづくり」と題して、仕組みづくりのための具体策をご紹介していきます。

以下からどうぞご覧ください。

ここから先は会員限定です。会員の方はここからログインしてください。

実践会員になるにはこちらをご覧ください。