「仕組み経営大百科」のダウンロードはこちらから

2018年7月インタビューレポート「年に36時間働くだけで年商5倍に」株式会社CODE7 代表取締役 桑原 匠司様

今回のレポートは、PHIピラティスジャパンディレクターの桑原 匠司さん(株式会社CODE7代表取締役)のインタビューです。

桑原さんは、私たちが活動をスタートさせた初期段階(2012年頃)にお付き合いが始まりました。

2012年にマイケルE.ガーバーによる認定ファシリテーター制度(今は終了)のトレーニングが米国であり、それにご参加されたのです。

それ以降仕組み化に取り組まれて、いまでは年に36時間働くだけで年商が当時の5倍に成長した、という素晴らしい実績の持ち主です。

注:ピラティス・メソッドは、ジョセフ・ピラティスによって20世紀前半に真の健康と幸福を手に入れるために提唱された身体調整法である。現在では、アメリカ、ドイツ、イギリス、日本など世界中に広まっている。ジョセフは、自身のメソッドを「コントロロジー」と名付けており、単なるエクササイズとは違う「全身の細かな筋肉と精神を自分自身でコントロールするための学問」と呼んでいた。(Wikipediaより)

 

桑原 匠司様プロフィール:1978年生まれ。島根県在住。株式会社CODE7代表取締役、EWP株式会社代表取締役、トライリングス株式会社取締役、PHI Pilates Asia bloc Director,同Japan Director。今年中にはもう1社立ち上げ予定。マイケルEガーバーに師事し、「より良いものを未来へ託す」をコンセプトをインストラクター教育、健康管理、IT関連などの分野で幅広く活動。主な著書に「運動療法としてのピラティス(文光堂)」があり、世界で初めてとなるピラティスの医学専門書としてアマゾンランキングのリハビリテーション医学で発売前から1位を獲得。(HP:http://phipilatesjapan.com

以下からご覧ください。

ここから先は会員限定です。会員の方はここからログインしてください。

実践会員になるにはこちらをご覧ください。