仕組み経営実践会はこちらから

ニトリ会長の師匠

あなたの身の回りを見渡していただくと、いろんな大衆品があると思います。

たとえば、衣類、家具、家電、食料品などなど。

戦後、私たちの家庭にこういった大衆品を広めてきたのは、スーパーやコンビニ、家電量販店、ファミレス、薬局などの全国にチェーン化されたお店です。

今はネット通販とのせめぎ合いになっていますが、多くのチェーン店が私たちの生活基準の向上に貢献してきたことは間違いありません。

そして、実はこういったチェーン店の経営者が、こぞって教えを乞うた人物がいます。

故・渥美俊一さんです。

仕組み経営大百科(http://entre-s.com/hyakka)にも書きましたが、渥美俊一さんは、新聞記者出身ながら、アメリカのチェーン店を研究し、”チェーンストア理論”を完成させました。

チェーンストア理論とはその名の通り、店舗をチェーン化していくための理論です。

渥美さんは、その理論をもとに、今ほどの豊かさが無かった時代に、日本人の生活水準向上をロマンとして掲げ、多くの店舗経営者を指導されてきました。

いま店舗関連のコンサルティングビジネスをされている方は、元々大手のチェーン店に在籍していて、このチェーンストア理論を学んで独立した方がほとんどかと思います。

最近ではニトリの似鳥会長が様々なメディアで渥美さんの教えを紹介しています。

■私の理解では、渥美さんが体系化したチェーンストア理論と、マイケルE.ガーバー氏が体系化した仕組み化のための理論は、原点が同じなのです。

双方とも米国のチェーン店や工場における大量生産の仕組みが原点だと思います。

渥美さんは、それを日本に輸入し、ガーバー氏は、それを全業態向けに展開しました。

なので、正直に言えば、私たちも「仕組み経営」を体系化する際には、渥美さんの言葉遣いや表現を参考にさせてもらっている部分があります。

残念ながら渥美さんは既にお亡くなりになっていますが、多数の本を残されています。

それらの本は店舗ビジネス向けなのですが、それ以外の業界の方にも大いに参考になる部分があります。

そこで、次回から何回かのメルマガでは、渥美さんの書籍の中から、特に私が重要と思う点をご紹介していきたいと思います。

その後、より詳しく学びたいと思った方は、実際に書籍を手に取られると良いでしょう。

私たちの今の生活に大きな貢献をされた渥美さんへの尊敬の念も込めて、

なぜチェーンストア理論がこれほどまでに多くの経営者の心に刺さり、多数の成功事例を生み出せたのか?

を共有していきたいと思っていますのでぜひお付き合いください。

では本日は以上となります。

引き続きよろしくお願いいたします。