仕組み経営実践会はこちらから

7万円から300億円にした仕組み「1-800-GOT-JUNK?社」

今日は朝からカナダに本社を構える1-800-GOT-JUNK社という会社の創業者インタビューのウェブセミナーに参加してみました。

既に私たちのセミナーなどにご参加いただいている方には、
この会社の事例を何度かお伝えしていると思います。

1-800-GOT-JUNK社は街中のゴミを回収して回っている会社です。

有料でゴミを集めて、なんと今では年商300億を超えるビジネスをしています。

創業者は、Brian Scudamore氏(ブライアン・スカッドモア)。

何年か前のメルマガで彼の創業ストーリーをご紹介しました。

(ちなみにその時には年商100億としてご紹介していたので、一気に3倍にくらいになってます)

以下、そのメルマガを引用します。

ーーーーーー
(引用開始)

Brianが起業家精神を発揮し始めたのは、実は子供のころ。

近所の子供が1台2ドルで洗車し、小遣い稼ぎしているのを見たとき、
アイデアを真似して、1台1.5ドルで洗車をし始めます。

大学に進み、彼は地元のバンクーバーで、
チーズバーガーを買うために列に並んでいました。

すると、店の近くにトラックがやってきて、
ゴミを回収しているのが見えました。

その瞬間、Brianの起業家精神が目覚めます。

『”大学の授業料を払うために、何かをしないといけないと思っていました。
ゴミの回収車を見たとき、手持ちの700ドルで、このビジネスを始めるのは
良いアイデアだと思いました。

そして、700ドルでピックアップトラックを買い、街中を走って、
ゴミを有料で回収し始めたのです。実際には大学は
1コース足らなくて卒業できませんでしたが、
そんなことよりも、ビジネスを通じて学んだことのほうが
はるかに大きかったです。”』

2年後、会社の売上は800,000ドル(1億弱)にもなっていました。
社員を抱え、バンクーバーやビクトリア州で活躍していました。

そんなとき、同じ起業家仲間が、一冊の本を紹介してくれました。

それがマイケルEガーバーが書いた「E-Myth」です。
((日本版でははじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術)

Brianは本を購入すると、ビーチに行き、読み始めます。

通常、彼のような行動派の起業家は、本を最初から終わりまで
読むことは滅多に無いのですが、この本だけは2回も続けて読みました。

翌日、彼は会社のミーティングで、本を机の上に置きます。

”これは今まで読んだビジネス書の中で、間違いなくベストだ。”

その後、彼は、

ビーチで本を読んでいたときほど、
自分の人生を変えた時間は無かった、

と語っています。

『仕組み化の考え方は、私のビジネスにとてつも無いインパクトを与えました。

ビジネスの全ての側面を複製可能なシステムにし、
フランチャイズにしていくということです。

もし、日々の業務からステップバックし、ビジネスをシステマチックに
運営する方法を知りたいのであれば、この本のやり方はもっとも簡単な方法だといえるでしょう。

私たちは学んだことを使って、会社のシステムを作りました。

「人が失敗をするのではなく、システムが失敗をする」

のです。

システム化したことによって、私たちの会社には、
人を非難する文化がなくなりました。私たちはゴミ回収のFedExを目指しています。”』

1999年、Brianがビジネスを立ち上げてから10年後、
トロントに最初のフランチャイズがスタートしました。
計画よりも16日だけ前倒しでした。

いまは、250以上の都市にフランチャイズされており、
Brianのビジネスで生計を立てている人達は1000人規模になります。

そのうち25人以上はミリオネアになっているそうです。

『”ビジネスをスタートしたばかりの起業家は、
極端な実践派でなくてはなりません。

一方で、思考派の人達もいます。
それが本を読んでも成功しない人と成功する人の違いでしょう。
実践派になれない人は、自分がビジネスを立ち上げることに対して、
本気で真剣になっているのかどうか、問いかけるべきでしょう。”

1-800-GOT-JUNKのサクセスストーリーは、
オプラウィンフリー(世界一著名なテレビタレント)にも紹介され、ニューヨークタイムズ、
ウォールストリートジャーナルなどの主要メディアにも
取り上げられ、ますます成長していきました。

『”私は将来何が起こるかを心に描いていました。
ひとたび、明確な青写真を描くことが出来たならば、
そこにたどり着けるのは明白です。
いまは1000ミリオン(1000億の売上を達成できることを100%信じています。

どんな起業家も、リーダーも、明確なビジョンは必要です。

もし、私がシステム化の発想に出会っていなかったら、
私のビジネスは今の半分にもなっていなかったでしょう。』
(引用終わり)
ーーーーーー

という感じの内容です。

今日のウェブセミナーでは、とても大切なことをいくつか語っていましたが、私が特に大切だと思ったのは、

「普通のビジネスを卓越したものにすること」

です。

ブライアンは、ビジネスをするにあたって、この考えをとても大切にしているということでした。

ゴミ収集というのは一見、ごく普通のビジネスです。

特殊な技術が必要なビジネスではありません。

逆に、裏方で非常に地味なビジネスです。

しかしながら、世の中に必須のビジネスでもあり、おそらく10年後も消えることのないビジネスです。

実はそれが大切なのです。

ありふれたビジネスを仕組み化によって卓越したものにする、これこそ仕組み経営の真価といえます。

何も特殊なビジネスアイデアである必要がないのです。

ブライアンは、ゴミ収集ビジネスでつちかった仕組みをもとにして、外壁塗装や引っ越しなど、住宅関連ビジネスへと横展開しています。

これらもありふれたビジネスですが、仕組みがあることで、他にはない卓越したビジネスになります。そのおかげで短期間に100億300億と成長しているわけです。

ちなみに最近ブライアンが初めての書籍を出したそうなので、読んでみようと思っています。

内容が良かったらまたメルマガでもご紹介しますので、ぜひ楽しみにしていてください。

では本日は以上となります。