10月23日開催「仕組み経営サミット」詳細はこちらから

キングダムの秦の政はその後どうなったか?古典から学ぶ経営者、リーダーとしての考え方とは?【ちょいマニアック書評&まとめ】「社長の帝王学 第一章」

よく「社長の器」って言います。

社長の器以上に会社は大きくならない、とも言われています。

「はじめの一歩を踏み出そう」の著者マイケルE.ガーバー氏も、

———————————————————–
事業はビジネスオーナーの人格を映し出す鏡である。
オーナーが考え方を変えない限り、ビジネスは決して変わることがない。
———————————————————–

と言っています。

これは本当にそうだな、と思います。

世の中の会社を見てみても、

”会社の仕組みは社長の器に依存する”

と感じます。

器の小さい社長は、自分を守るためだけの仕組みを作りますし、器の大きい社長は、社員が活躍できるような仕組みを作ります。

たとえば、器の小さい社長は、耳に痛い意見は聞きたくないので、社員や顧客からのフィードバックを受ける仕組みを作ろうとしません。

逆に器の大きい社長は、積極的に人の意見を聞く仕組みを作ります。

これはあくまで一例ですが、

社長の考え方次第で、どんな仕組みができるか?が決まり、
どんな仕組みが出来るか?によって、会社の文化が決まり、
文化次第で会社が健全に成長できるかどうかが決まります。

というわけで、社長の器の大きさとは何か?をご紹介する動画をアップしました。

こちらからぜひご覧ください。

 

では本日は以上となります。