10月23日開催「仕組み経営サミット」詳細はこちらから

社長の仕事を楽にするには、この指標をチェック

今日は、”この「指標」を上げれば、社長の仕事は楽になる”という話をご紹介したいと思います。

結論から言いますと、その「指標」というのは、

「社内コミュニケーションのオープン率」

です。

 

Slackが計測しているデータ

使っている人もいるかもしれませんが、いま社内コミュニケーションのデファクトになりつつある、Slack(スラック)というツールがあります。

このSlack社では、あるデータを集計しているそうです。

それは、Slack上で行われているコミュニケーションのうち、

オープンコミュニケーション・・・社内全員が見れるやり取り

プライベートコミュニケーション・・・特定の人との個別のやり取り

この”二つの比率”です。

 

コミュニケーションのオープン比率

Slack社によれば、成長している会社は、オープンコミュニケーションの比率が高いそうです。

エクセレントな会社になると、全体のうち80%がオープンコミュニケーションだとか。

あくまでSlack上でのコミュニケーションの話ですが、
それでも80%が全社員が見られるやり取りである、というのは凄いことですね。

さて、ではこのようにオープンなコミュニケーションが増えると、
なぜ社長が楽になるのでしょうか?

いくつか理由があります。

1.社内の情報がオープンであるほど、社員は必要な情報を自分で取ってこれるので、社長に聞かなくても自主的に行動できます。なので、社長への無駄な問い合わせが減ります。

2.個別に社長への問い合わせがあった場合、当然個別に返さないといけません。

場合によっては同じ内容を何人にも伝えないといけない、ということもあるでしょう。

一方、オープンコミュニケーションであれば、その時間が大幅に削減されます。

誰かがSlack上のオープンな場で質問をしたら、
答えられる他の誰かが社長の代わりに答えてくれます。

いちいち社長を中継しなくていいので、負担が減るわけです。

ちなみにあらゆる意思決定が社長を経由して行われる組織をハブ&スポーク型と呼んでいます。
この形の組織は、いまの時代、非常に非効率的なのです。)

3.情報がオープンにされている組織では、社員が会社に対して信頼感を抱きます。

内緒話や内輪話、本音と建て前がある会社ほど、社員からの信頼は落ちていきます。

社長としては、当然、社員から信頼してもらっていたほうが精神的にも楽になりますね。

というわけで、社長が楽になるために見ておくべき指標とは、「社内コミュニケーションのオープン率」となるわけです。

もちろん、オンライン、オフライン限らず、コミュニケーションはオープンのほうが良いです。

オンラインのコミュニケーションについては、ツールを使うことで実現できますし、

一方のオフラインは、”会議の仕組み”を上手く設定することで実現できます。

ぜひあなたの会社の、「社内コミュニケーションのオープン率」を気にかけてみてください。

では本日は以上となります。