仕組み経営Eブックはこちら

【仕組み化の原則】事業(企業)売却と社長の出口戦略

マイケルE.ガーバー氏著の「はじめの一歩を踏み出そう」を読まれた方であれば、経営者は会社を売れるようにしなくてはならない、と書いてあったのを覚えてらっしゃるかもしれません。

仕組み化をお伝えする際には、必ずこのテーマも合わせてお伝えしています。仕組み化の大きな目的は、会社を売れる状態にすることだからです。

永遠に所有していけるように、しかし、明日にでも売却できるように今日のビジネス構築に臨め。

これは実業界で語られ続けている格言です。経営者が高齢化(東京商工リサーチによれば、平均61.9歳)しているせいで、会社が存続できなくなり、自主廃業せざるを得ない会社が増えているのです。自主廃業するくらいなら、社員のためにも他の誰かに会社を売って、存続させたいという経営者が増え、スモールM&Aが増えているのです。

事業(企業)売却の2パターン

あなたが会社を売るとなった時、2つのパターンがあります。ひとつは意図した売却です。会社を売却できるように準備をし、計画立てて売却する場合です。この場合、会社を売れるようにしていく過程で、企業価値が高まり、オーナーの希望するような売却額で売れる可能性が高まります。また、残った社員に対する配慮もされるため、いわゆる「ハッピーリタイア」となります。

また、仕組み化されていて経営者が交代しても経営できる会社と、そうではない会社では、売却時の価格に何倍も差が付くともいわれています。あなたでしか経営できない会社であれば、買い手は買う意味がないので当然です。

もうひとつが、強制売却です。これは後継者を育成できなかった経営者や、病気や死亡などの理由で急に経営者が働けなくなった場合に生じるケースです。

この場合、売却金額も二束三文にしかなりません。

あなたがどちらの道を選ぶことになるかは、あなたが今取る選択肢、すなわち、今のまま経営を続けるか?社長が交代しても経営できる仕組みを作るか?それ次第と言えるでしょう。

チップコンリーはなぜ会社を売ったか?

「会社を売るなんてとんでもない。社員はどうするんだ?」

という方もいらっしゃるかもしれませんね。ただ考えてみてください。もし、あなたが今のビジネスに情熱を失ってしまったらどうしましょう?また、何十年か先、ビジネスモデルが時代についていけなくなったらどうしましょう?

そんな時、会社が売れる状態になっていれば、もっと大きい会社に売却してしまったほうが、ビジネスの成長が加速され、社員も幸せになるかも知れません。

会社を売るのは恥ずべきことではありません。ジョワドヴィーブルという有名なホテルチェーンを創業したチップコンリー氏という人がいます。マズローの欲求段階説に基づいて経営し、世界的に知られた経営者です。

そんな彼も、ホテル経営よりも情熱が持てる分野が見つかったことが理由で、ホテル事業を売却し、次のキャリアをスタートさせました。このように人の情熱というのは年齢によって変わってくるものです。あなたが本当に情熱が持てることをやることが、利害関係者にとっても幸せな道と言えるでしょう。

もし、あなたが当面会社を売るつもりが無いとしても、仕組み化を進め、売れる状態にすることは大切です。会社が売れるということは、その会社が他(他社、社員、顧客)から見ても魅力的であるということです。イコール、業績にも良い影響が出ますし、人の採用もしやすくなります。

高値で売却できる会社の条件

ではどうすれば高値で売れる会社が出来るのか?そのいくつかのヒントをご紹介していきます。

高値で売れる会社を作るために必要な要素を8つに集約させました。ここではその8つの要素を簡単にご紹介いたします。

1.財務状況

高値で売れる会社を作りたいならば、投資家が買収価格を決めるロジックを理解する必要があります。これは顧客のニーズを理解するのと同じです。当然ながら、財務状況は大きな価格決定要因になります。IT系のスタートアップ企業なら話は別かもしれませんが、通常の中小・スモールビジネスの売買においては健全な財務状況が求められます。

2.成長のポテンシャル

あなたが対象としている市場は、将来的に成長が見込めるでしょうか?または市場が縮小していくでしょうか?このような外部要因は買収価格に大きな影響を与えます。起業家にとって、市場の選択は極めて重要です。

とあるベンチャーキャピタリストは、”スタートアップで最も重要なのは市場の選択である。正しい市場を選べば、創業メンバーがよほどの無能でない限り、事業は拡張していく。”というような発言をしていました。もちろん、持続的に成長していくためには正しい市場を選ぶだけでは不十分ですが、市場選びが間違っているとスタートで躓きます。

3.自立度

自立度とは、あなたの会社の運営が何かに依存せず、自立して運営できているかどうか?たとえば、どこか大手の下請けが売上の大半を占めているならば、自立度が低いといえます。

4.キャッシュフロー

あなたの会社の買い手が最も重視するのは、あなたの会社が将来どれだけのキャッシュフローを生むか?です。財務諸表上のレポートで利益が上がっていたとしても、現金の巡りが悪ければ、それだけ企業価値も下がってしまいます。

5.売上安定性

いくら売上が大きくても、それがいつ減ってしまうのかわからなければ、価値は下がります。買い手が重視するのは、いまの状況ではなく、将来の状況です。売上安定性を高めるには、継続的に課金できるサービスや商品を持っていることが重要です。

6.市場支配力

あなたのビジネスは、市場においてどれだけ支配力があるでしょうか?たとえば、価格の決定権はありますか?競合は模倣されにくいビジネスになっていますか?市場の支配力がある会社は、それだけ永続的にキャッシュフローを生み出すとみなされ、高い価値が付きます。

7.顧客満足度

顧客満足度が企業価値に影響するというのは何となくは理解できると思います。顧客に支持されていない会社に高い価値が付くわけがありません。しかし、ここで重要なのは、顧客から評判が良い、というだけではなく、顧客満足度を図り、改善していくシステムがあるかどうか?という点です。そのようなシステムがあれば、現在だけではなく、将来的にも顧客に愛される会社になることが想定されます。

8.経営チーム

比較的規模が大きい会社であっても、細かいところまで意思決定権をすべて創業社長が握っているという会社は少なくありません。そういう会社では、他の社員は社長の指示を待つだけになりがちです。したがって、創業社長が会社を離れてしまえば、つまり、会社が売却されてしまえば、組織全体のパフォーマンスがあっという間に落ちてしまいます。そのような会社を高い値段で買いたいという人はいないでしょう。要するに、「あなたがいなくてもうまく回る会社」でなければ、高値では売れないのです。

以上、8つの要素をご紹介しました。ご覧いただければわかる通り、これらは何も会社を売却するときだけに役立つものではありません。

高値で売れる会社の肝は、そのビジネスの再現性です。ほかの経営者が経営しても同じように経営できるか?これは会社を売却した時のみならず、後継者に会社を譲る際にも同じように重要です。

今回これらご紹介した要素を考慮しながら日々の経営に臨めば、経営者であれば誰もが望むような卓越した会社が出来るはずです。ぜひ日々の経営で意識されてください。

 

仕組み経営の導入はこちらから

仕組み経営導入のための詳細資料をお届けします。以下に有効なメールアドレスをご登録ください。

 

仕組み経営について知る

「はじめの一歩を踏み出そう」要約と書評

仕組み経営が生まれたきっかけ

中小企業の悩みは40年前に解決済み 1977年、マイケルE.ガーバー氏は、「売上が伸びない」、「良い人材が見つ ...

起業家の視点 ~職人型ビジネスと起業家型ビジネス~

「はじめの一歩を踏み出そう」の中で、最も重要なポイント、“起業家の視点”についてご紹介していきます。 何事も見 ...

職人型ビジネスの典型例

ここでは職人型ビジネスに陥りがちな社長のパターンをご紹介します。 その1. “手に職“社長 いわゆる「手に職」 ...

歴史に学ぶ仕組み化 ~テイラー、メイヨーからレイクロックまで~

経営の仕組み化は、歴史上、数多くの企業や研究者が取り組んできました。 そのため既に多くの成功事例、失敗事例が存 ...

マイケルE.ガーバー氏動画集

目次Work ON it, not IN it.新しい時代の起業家職人型ビジネスと起業家型ビジネスの違い世界初 ...

仕組み化のレベル

仕組み経営というのは、”仕組み化するための方法を仕組み化した”ものです。 海外のノウハウをベースにしているので ...

仕組み化を進める基本ステップ

仕組み化のステップ0. 必要性を認識する

このページをご覧の方は、既にこのステップはクリアされていると思いますが、念のためのステップ0として記載しておき ...

仕組み化のステップ1. 現状認識(経営診断、時間管理、仕事管理等)

仕組み化のステップ1は、現状認識です。 仕組み化レベル まずこちらの図をご覧ください。これは私たちが開発した仕 ...

仕組み化のステップ2. 目的地(戦略的目標)を決める

現状認識を終えたら、次は目的地を決めます。この目的地、仕組み経営では、戦略的目標と言っています。 戦略的目標と ...

仕組み化のステップ3. 基本方針について社内合意する

現状認識、目的地の明確化が終わったら、早速そのための仕組み化に取り組みたいところです。 しかし、ここで一歩立ち ...

仕組み化のステップ4. 組織戦略を立てる

次のステップは、組織戦略を立てることです。 組織とは分業の仕組みです。組織無くしては仕組み化もありません。 大 ...

仕組み化のステップ5. 仕組み化戦略を立てる

組織戦略を立てたら、次は仕組み化戦略です。 仕組み化戦略とは、自社内に必要な仕組みを洗い出し、計画を立てること ...

仕組み化のステップ6. 火消しのための仕組み化、マニュアル化を進める

仕組み化戦略を立て、優先順位を立てたら実際の仕組み化やマニュアル化を進めていきます。 ”マニュアル=作業の手順 ...

仕組み化のステップ7.理念(ミッション、ビジョン、バリュー)を決める

ある程度、マニュアル化や仕組み化を進めたら、次のステップとして、理念の再構築をします。火消しの段階を終えて、成 ...

ステップ8.理念実現のための仕組み化に取り組み始める

さて、これまでのステップでは、現状認識から始まり、理念の再構築までをカバーしてきました。火消しのためのマニュア ...

仕組み化の原則集

【仕組み化の原則】金太郎飴の理論

仕組みに一貫性がある会社ほど、外部から見た時に“スゴイ会社”と見られる傾向があります。 仕組みに一貫性があれば ...

【仕組み化の原則】無印良品の仕組み ~意識改革ではなく仕組み改革~

日本企業では危機に陥ると、意識改革が叫ばれます。会社の上層部は朝礼や懇親会の場で社員を鼓舞し、モチベーションを ...

【仕組み化の原則】優れた企業文化を作るSpotify社の仕組み

仕組み化を進めていくにあたって、重要なこととして、コントロールと自主性のバランスを取る、ということがあります。 ...

【仕組み化の原則】社長のナンバー2(右腕)の罠

多くの社長は、ナンバー2が欲しい、自分の右腕を創りたいと考えています。 たしかに実務を回してくれる人がいれば、 ...

【仕組み化の原則】カリスマ社長の罠

あなたはカリスマ的な人物やリーダー、経営者に憧れたことはありますか? 一般的には、優れた経営者になるためには、 ...

【仕組み化の原則】人を責めずに仕組みを変える

仕組み化がなされていない会社の傾向は、問題の原因を人に求めがちである、ということです。あいつの出来が悪いから、 ...

【仕組み化の原則】事業(企業)売却と社長の出口戦略

マイケルE.ガーバー氏著の「はじめの一歩を踏み出そう」を読まれた方であれば、経営者は会社を売れるようにしなくて ...

【仕組み化の原則】革新性 ~普通のビジネスを凄いビジネスにする~

仕組み経営の導入で目指す一つの姿は、「革新性」を持つ会社です。 ここでいう革新性とは、最新のテクノロジーを使う ...

【仕組み化の原則】永続性 ~社長が交代しても経営できる会社~

優れたリーダーは現役時代に実績を出します。しかし、さらに優れたリーダーは自分が去った後に業績を上げます。 たと ...

【仕組み化の原則】拡張可能性 ~指数関数的に成長する~

会社を創る目的のひとつは、会社を売却可能にすることです。 実際に売却するかどうかは別にして、“ぜひあなたの会社 ...

【仕組み化の原則】2種類の仕事を行う

社長を中心として、会社内のすべての人は、2種類の仕事をしています。 戦略的仕事と戦術的な仕事です。 戦略的な仕 ...

【仕組み化の原則】「企業は人なり」は幻想?

経営者の、「ヒトの悩み」は尽きることがありません。 多くの経営者の方は、 優秀な人材さえいれば、、、と考えます ...

【仕組み化の原則】アップル社に天才デザイナーはいない?

仕組みづくりとは、作業のマニュアル化だけではありません。 経営者と社員の価値観やビジョンの共有方法 人材採用の ...

【仕組み化の原則】社長(経営者)の時間管理

会社を次なるステージへと成長させようと思ったら、経営者が職人的仕事、マネージャー的仕事に没頭してしまっているこ ...

【仕組み化の原則】社長(経営者)の人生計画から逆算して事業計画を作る

ビジネスには、オーナーであるあなたの個人的な価値観や人格、人生の目的や計画が反映されています。ビジネスをより良 ...

 

記事中の文章やコンセプト、概念図などの引用、転用、またセミナーや講座などで利用することは一切禁じます。仕組み経営を自社の顧客に伝えていきたい方はファシリテーター制度をご活用ください。また、転用などを発見された方は、こちらまでお願いいたします。