仕組み経営の導入はこちら

アフター/withコロナ時代にビジネスをどうするか?巣ごもり消費って何?

清水直樹
清水直樹
コロナウィルスの影響はしばらく続きそうですが、私たちとしては二つの波に備える必要がありそうです。一つ目の波は、今現在訪れている健康や経済の問題に対処すること。二つ目の波はコロナがある程度収束した後(アフター/withコロナ)の環境の変化に対応することです。すでに海外では二つ目の波、コロナ収束後にどんな変化が訪れるかが議論されつつあります。

 

コロナ禍の後、人々の消費習慣が変わったり、行動が変わったりすることが予想されます。私たちもそれに対応して経営の考え方、やり方を変えていくことが求められるでしょう。最近ではアフターコロナ(コロナ後の世界)、ウィズコロナ(コロナと一緒に生きていく世界)という言葉も出てきています。

▶Eブック「社長不在で成長する会社の創り方」

 

動画でも解説しています。

 

アフター/ウィズコロナで何が変わるか?

既に「Shut-In Economy」などという言葉が出てきていますが、どんな世界が来るのか、いくつかキーワードを見ていきたいと思います。

参考:The Shut-In EconomyHow the Coronavirus Is Already Rewriting the Future of Business

 

巣ごもり消費

Shut-In Economyを日本語にすると「巣ごもり消費」となるでしょうか。コロナ禍でソーシャルデイスタンス(社会的距離)という言葉が有名になりました。この流れはしばらく続き、多くの人が自宅の中で過ごすための巣ごもり消費が伸びていきます。

既に巣ごもり消費に対応している動画サービスやEC、料理のデリバリーなどはもちろん、フィットネスや教育産業なども対応を迫られると考えられます。私たちのような法人向けの研修、教育事業も漏れなく遠隔でサービスを受けられるようにしなければいけないでしょう。

 

オンライン化

巣ごもりと同時にオンライン化がさらに進んでいきます。これまであまりオンライン化されていなかった産業でもオンラインの活用が必要になります。また、どうしても現場にいないとダメな業種もあります。美容室や医療、介護、建設などがあります。こういった産業では、今回のように外出自粛が起こった際でも、顧客と直接つながりを持てるチャネルをオンラインで確立しておく必要があるでしょう。そのようなチャネルを持っていれば、自社の状況や対応を直接顧客に届けることが出来、いち早くリカバリーできます。また、一部、ロボット+人という形でオンラインサービスが提供されることもあります。

参考:https://orihime.orylab.com/

 

リモートワーク

リモートワークの流れも不可逆といえるでしょう。仕事とプライベートの分け隔てなく働く人々が増え、マネジメントやリーダーシップの在り方、組織運営の方法が大きく変わります。また、zoomのように”リモートワークを支援するサービス”の人気は増加すると考えられます。

▶参考記事:リモートワークの仕組みについて解説

 

反グローバル化

世界中の国が国境を越えた人の移動、または物の流通にリスクを感じ始めています。企業は自国内で完結するビジネスを望み、消費者も”国産品”を望み始めるでしょう。また今回のように一つの国に商品の製造/供給を依存することのリスクもあります。直接の仕入れ元だけではなく、さらにその先の仕入れ元がどこなのかというように自社のサプライチェーン全体を見直す必要がありそうです。

 

自律分散化

リモートワークの広がりと同時に、ピラミッド階層のトップダウン組織は徐々に減っていき、自律分散型で各個人が自主的に働く組織(ティール組織等)が増えていくでしょう。逆にそのような組織を作れないリーダーには人が集まらない時代が来ています。

 

グリーン経済

地球に良いもの、人に良いものを求める消費者が増え続け、多少高くても倫理的に正しいビジネスをしている会社から買う人たちが増えるでしょう(エシカル消費)。逆にそうでないビジネスは隅に追いやられます。

 

アフター/ウィズコロナ時代に向けて経営者がやることは?

ではこれらの時代に向けて私たちは何をしないといけないでしょうか?

冒頭で一つ目の波は、今現在訪れている健康や経済の問題に対処すること、と述べましたが、まずこれが第一です。ここで生き残れなければその後もありませんので、これが第一。

次に上記のような二つ目の波に対応する術を考えていことです。

 

「新しい会社」を創造する

会社というのは社会の公器と言えます。つまり、社会からの要請(ニーズ)によってはじめて存在価値があるわけです。今回のようなパンデミックが起きれば、当然ながら社会からの要請が大きく変わってきます。ですからそれに応じて私たちの会社も変わっていかなければ存在価値がなくなってしまうのです。

どのような会社であっても、社会が大きく変化して、存在意義を失い、顧客の要望にこたえられなくなるときは来るものだ。それを予め予想して、「新しい会社」ー起業家としての第二の人生の始まりーの準備を始めなければならない。 – マイケルE.ガーバー

ポスト/アフターコロナ時代にも社会から求められる会社になるには、「新しい会社」を作ることです。これは新会社を登記しろ、というような物理的な話をしているわけではなく、新しい価値観で新しい事業を考えよう、ということです。

私たちの師匠であるマイケルE.ガーバー氏は、既存の事業を新しい時代に対応させるよりも、ゼロから考え直したほうが早いと言っています。これに関しては以下の動画で解説していますので、合わせてご覧ください。

 

理念体系を再確認する

次にもう一度、自社の理念を見直してみましょう。会社の理念は変えてはいけない、と思われがちですが、そんなことはありません。時代が変われば会社の目的も目指す先も変わるのです。

ただし、一応、変えてはいけない順番というのもあります。一番変えてはいけないのが価値観(バリュー)で、次がミッション、次がビジョンです。ビジョンはむしろ、5年ごとくらいに時代に合わせて変えたほうがいいと思います。

▶参考記事:ミッション、ビジョン、バリューの作り方

 

ビジネスモデルを再創造する

次に新しい価値観で、ビジネスモデルを再創造します。いま自社が対象とすべき市場はどこか?提供できる価値は何か?どのような商品、サービスにするか?どのように利益を上げるのか?

これについては以下の記事で詳しく解説しています。

▶参考記事:儲かるビジネスモデルの作り方

 

組織を再創造する

次は組織を新しい価値観とビジネスモデルに基づいて見直します。会社の組織はリーダーの価値観やビジョン、そしてビジネスモデルによって変わってきます。先ほど自律分散組織やリモート組織などの言葉が出ましたが、これらに対応できるよう会社の組織と仕組みを創りなおしていくことも必要でしょう。

▶参考記事:組織図の作り方

▶参考記事:仕組みづくりのステップ

 

まとめ:最悪に備え、前向きに準備する

危機に陥ったときに私たちが出来る最善の策は、

  1. 最悪の事態をシミュレーションする
  2. 最悪の事態を受け入れる
  3. 前向きに準備する

ということです。

2020年4月4日現在、まだまだどうなるかわからない状況ですが、心を落ち着けで出来ることに取り組んでいきましょう。

 

▶Eブック「社長不在で成長する会社の創り方」

▶社長不在で成長する会社を個別支援で実現

▶仕組み経営プログラム一覧