仕組み経営の導入はこちら

資料請求

中小企業のブランドは仕組み化で作ろう

  目次ブランド構築はアンナ・カレーニナに学ぼう”どこを取ってもその会社らしい”というのがブランド仕組み化でブランドを作るには? ブランド構築はアンナ・カレーニナに学ぼう アンナ・カレーニナとは、トルストイの名 ...

意識改革を促すのではなく仕組み改革をしよう。【無印良品の事例】

日本企業では危機に陥ると、意識改革が叫ばれます。会社の上層部は朝礼や懇親会の場で社員を鼓舞し、モチベーションを上げようとします。また最近では働き方改革などでも社員の意識改革を目指す試みが見られます。 しかし、このような試 ...
企業文化

優れた企業文化を作るSpotify社の仕組み【仕組み化の原則】

仕組み化を進めていくにあたって、重要なこととして、コントロールと自主性のバランスを取る、ということがあります。 コントロールとは、どちらかというとトップダウン型のルールや基準で社員の行動をコントロールしようとすることです ...
ナンバー2育成

会社のナンバー2育成完全ガイド

こんにちは、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。多くの社長は、会社のナンバー2が欲しい、自分の右腕を創りたいと考えています。そこでこの記事では、会社のナンバー2(社長の右腕)をテーマに、 ナンバー2に向いてい ...

カリスマ社長の罠【仕組み化の原則】

あなたはカリスマ的な人物やリーダー、経営者に憧れたことはありますか? 一般的には、優れた経営者になるためには、カリスマ性がなくてはいけない、と思われています。 しかし、数多くのリーダーシップに関する研究によって、リーダー ...

仕組みを変える。人を責めない。

仕組み化がなされていない会社の傾向は、問題の原因を人に求めがちである、ということです。あいつの出来が悪いから、あいつがミスしたから、、、 こうなると社長は社員研修に力を入れ、人を変えようとしますが、好転しません。人に焦点 ...

会社(事業)売却と社長の出口戦略【仕組み化の原則】

マイケルE.ガーバー氏著の「はじめの一歩を踏み出そう」を読まれた方であれば、経営者は会社を売れるようにしなくてはならない、と書いてあったのを覚えてらっしゃるかもしれません。 仕組み化をお伝えする際には、必ずこのテーマも合 ...

革新性とは普通のビジネスを凄いビジネスにすること。

こんにちは、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。この記事では、「革新性」をテーマに解説していきます。対象読者は中小・成長企業経営陣の方です。 このサイト「仕組み経営」で提唱しているひとつの要素は、革新性を持っ ...

スティーブジョブズや本田宗一郎の最大の功績とは? ~永続性~

ここでは「仕組み経営」の目指すテーマのひとつである会社の永続性についてご紹介します。 目次本当に優れたリーダーとは?スティーブジョブズ復帰後のアップル社はどう変わったか?スティーブジョブズ最大の功績本田宗一郎の最高の作品 ...

拡張可能性 ~指数関数的に成長する~【仕組み化の原則】

会社を創る目的のひとつは、会社を売却可能にすることです。 実際に売却するかどうかは別にして、“ぜひあなたの会社を買いたい”と思わせるような魅力的な会社を創ることです。 そのためには、会社は指数関数的に成長する力を秘めてい ...

社長の仕事は2種類ある

世界No.1の中小企業アドバイザー、マイケルE.ガーバー氏によれば、社長の仕事は大きく分けると2種類あります。より正確に言えば、会社内のすべての人は、2種類の仕事をしています。戦略的仕事と戦術的仕事です。今日はこの2種類 ...
企業は人なりは本当?

「企業は人なり」は幻想?

経営者の、「ヒトの悩み」は尽きることがありません。 多くの経営者の方は、優秀な人材さえいれば、、、と考えますが、実際のところ、大半の中小スモールビジネスでは、優秀な人材を雇う余裕も、優秀な人がやってくるのをのんびり待って ...
効果的な社員研修のポイント

アップル社に天才デザイナーはいない?【仕組み化の原則】

仕組みづくりとは、作業のマニュアル化だけではありません。 経営者と社員の価値観やビジョンの共有方法 人材採用の方法 誇りが持てるブランド創り 生産性のある会議のやり方 報酬体系や社内ルール創り 各社員がこれまで以上のパフ ...

社長の人生計画から逆算して事業を創ろう

内容の信頼性 この記事は世界No.1の中小企業アドバイザー(米INC誌による)、マイケルE.ガーバー氏著「はじめの一歩を踏み出そう」の内容をベースにしています。世界700万部のベストセラーの内容を日本の会社に当てはめてご ...

仕組み経営の導入はこちらから

仕組み経営導入のための詳細資料をお届けします。以下に有効なメールアドレスをご登録ください。

 

 

 

記事中の文章やコンセプト、概念図などの引用、転用、またセミナーや講座などで利用することは一切禁じます。仕組み経営を自社の顧客に伝えていきたい方はファシリテーター制度をご活用ください。また、転用などを発見された方は、こちらまでお願いいたします。