仕組み経営レポートはこちらから

政、最強のプレゼンで蕞の民を扇動する。経営者やリーダーが知るべき会社に変化をもたらす方法- 「キングダム」

政、最強のプレゼンで蕞の民を扇動する。

映画も漫画も大人気のキングダム。先日全巻一気読みしました。せっかくなのでこのキングダムから学べる経営やリーダーシップに関するヒントをメモっておきたいと思います。その3のテーマは「政、最強のプレゼンで蕞の民を扇動する」です。

キングダムとは?

原泰久によるマンガ。青年マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年9号より連載中。13年4月現在、単行本は30巻まで刊行されている。争乱が続く春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝となる秦王・政の活躍を史実とフィクションを織り交ぜて描く。12年6月よりNHK(総合・BS)でテレビアニメが放送開始。13年、手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞した。(コトバンクより引用)

蕞での政のスピーチ

蕞での政のスピーチに感動した人もいるでしょう。今回はここに着目してみたいと思います。

秦を脅威だと思った敵対国、趙の宰相李牧は、他国を巻き込んで秦を打倒するための合従軍を率います。李牧は秦の隙をついて、秦の都、咸陽のすぐ直下にある蕞に迫ります。隙をつかれたため、蕞には戦力がほとんど無く、いるのは一般市民のみ。一般市民は戦うことなど頭になく、敵が攻めてきたら降伏しようと考えています。

秦が迎えた最大のピンチのこの時、政は王自ら蕞に向かいます。そして、“市民を兵士にする”ための扇動スピーチを行います。そもそも王様が一般市民の目の前に現れること自体が極めて異例です。

そのうえで政は、「蕞で敵を止めねば、秦は滅亡する」と事実を伝えます。そして、大変な戦いになるが、先祖たちもそうやって国を守って来たのだと伝え、自分も共に戦うことを宣言します。

結果、王の話を聞いた市民たちは奮起し、自分たちで自分たちの国を守ろうと戦う決意をするのです。

スピーチの全文はぜひ漫画を見てほしいです。

 

変化を導くリーダーシップ

この政のスピーチの流れは変革を導くリーダーシップの鉄板と言えます。

ジョン・コッターという有名なコンサルタントは、この時の政のように、変化を起こさないといけないリーダーたちに向けて、変革への8段階アプローチとして以下のステップを生み出しました。

 

1) 危機意識を高める

変革に携わる関係者の間に「危機意識」を生み出すために事実を伝えます。政の場合も、まず事実を隠すことなくオープンに伝え、いま一体どういう状況なのかを市民に理解させました。

 

2) 変革推進のための連帯チームを築く

変革を実行するチームを創ります。政の場合には、チームの人選の余地がほとんどありませんでしたが、幸い信をはじめとする信頼できるチームがありました。

 

3) ビジョンと戦略を生み出す

変革に導くためにビジョンを生み出し、ビジョンを実現するための戦略を立案します。政は自分たちでこの国を守るというビジョンを伝えます。

 

4) 変革のためのビジョンを周知徹底する

全員に話しているだけでは、一人一人が責任感を持つことがありません。政は市民全体に訴えかけるだけではなく、小さな子供に対して個別に声を掛けます。これによって市民は、政が一般的な話をしているのではなく、一人一人に向けて話していることを感じ取るのです。

 

5) 従業員の自発を促す

市民の士気が落ちないように、政は計7日間にわたる蕞での戦いの間、夜を徹して兵士となった市民たちに声をかけ続けます。

 

6) 短期的成果を実現する

蕞での戦いは、結果として7日間続きますが、いかんせん、ほとんどの兵が一般市民なので、まず初日を生き残れるかどうかがこの戦いに勝利できるかどうかのカギを握ります。咸陽でこの戦いを見守っている総司令の昌平君も、「初日を保てれば蕞に光が差すかも知れない」と予想します。実際、初日は見事に蕞を守り抜き市民たちも自信を付けます。

 

7) 成果を生かして、さらなる変革を推進する

8) 新しい方法を企業文化に定着させる

この辺の描写は特にないですが、政は怪我をしながらも市民と一緒に戦い抜き、結果として蕞は守られることになります。

 

リーダーとしてのコミュニケーション

スピーチやプレゼンの方法については他に多数の参考書籍などがあるのでここでは詳しく紹介しません。ただ、私がここですごく大切だと思ったのは次の二つです。

オープンにコミュニケーションを行うこと

社長は悪い状況が起こると、それをメンバーに共有したがらないものです。その理由は第一に、悪い状況だとわかるとみんなが離れてしまうという恐れ。そして第二に、そんな事態を招いてしまった自分の弱さを見せたくないから。

ただ、政はいまが最悪の状況であることを躊躇なく市民に伝えました。思えば政は信と出会った当初から、自分は最悪の状況に置かれているということを隠すことなく伝えていました。それでいて、中華を統一するという大きなビジョンを持っていたのです。

ここから、リーダーとしての本当の強さとは、弱みを見せないことではなく、弱みも悪いこともさらけ出せることである、とわかります。

私が師事するマイケルE.ガーバー氏もこう言っています。

あなたのリーダーとしての能力は、あなたがすべてのことについて良く知っているかどうかによって決まるものではない。それは、あなたが自分の強さや弱さについて、いかにオープンであるか、いかに正直であるかによって、決まるものである。

社員からすると、”情報が隠されている”と感じることほど、モチベーションを下げることはありません。基本的に、社員は会社の情報を知っていればいるほどうまく働けます。

オープンにコミュニケーションは、いまのリーダーには必須なスキルと言えるでしょう。

 

一人一人に個別にコミュニケーションすること

チェーンストア経営には、「個店対応」と「個別対応」という言葉があるそうです。

「個店対応」というのは、各店が営業方法を独自に決めること。一般の会社でいえば、各メンバーの完全な自由裁量に任せるということです。これはチェーンストアでやってしまってはいけないことです。全体のブランドを大きく傷つけることになります。

一方の「個別対応」とは、本部から各店への指示のコミュニケーションの方法と内容を個別に対応するということ。指示の内容自体は変わりませんが、各店によって状況が違ったりするので、その状況に合わせ工夫して、各店に伝達するということです。

今回の政のコミュニケーション方法は完全に「個別対応」ですね。全体にビジョンを伝えながらも、一人一人の市民と話すことを忘れませんでした。そのことが一人一人が責任感を持って戦うことにつながったのでしょう。

 

以上、今回は政、最強のプレゼンで蕞の民を扇動する」という話でした。ぜひ政に倣ってあなたの、そして社内のリーダーたちのコミュニケーションの仕方を見直してみてください。