仕組み経営レポートはこちらから

漫画「キングダム」から真面目に経営とリーダーシップを学んでみた①「政と信からビジョンの大切さを学ぶ」

政と信からビジョンの大切さを学ぶ

映画も漫画も大人気のキングダム。先日全巻一気読みしました。せっかくなのでこのキングダムから学べる経営やリーダーシップに関するヒントをメモっておきたいと思います。その1のテーマは「明確なビジョン」です。

キングダムとは?

原泰久によるマンガ。青年マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年9号より連載中。13年4月現在、単行本は30巻まで刊行されている。争乱が続く春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝となる秦王・政の活躍を史実とフィクションを織り交ぜて描く。12年6月よりNHK(総合・BS)でテレビアニメが放送開始。13年、手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞した。(コトバンクより引用)

 

信の明確なビジョン「天下の大将軍になる」

第一話に登場し、その後のストーリーの根幹にもなっているのが、信と漂の明確な目標、「天下の大将軍になる」というセリフ。実際、信が大将軍に向けて成長していくことがキングダムのストーリーの大テーマになります。

信の目標「天下の大将軍になる」というのは、会社でいえばビジョンということになるでしょう。ビジョンとは、自社は何を目指すのか?という青写真のことです。

最近よく言われる“生産性”という言葉がありますが、“生産的である”というのは、ビジョンに向けて、着実に前に進んでいる状態のことを言います。ビジョンがなければ生産性も何もないのです。

このビジョンが明確であればあるほど、日々の仕事の中で何をすべきなのかが明確になります。迷いがなくなるので、生産性が高まるわけです。

信と漂のビジョンは極めて明確です。一言で言えるうえ、誰が聞いても、それがどういう状態なのかがわかります。

 

政の明確なビジョン「中華を統一する最初の王になる」

一方、後の秦の始皇帝、政にも明確なビジョンがあります。

それはもちろん、「中華を統一する最初の王になる」です。

政はその後、何人もからこのビジョンに難癖をつけられながらも、それを貫き通し、実現に向けて動いていきます。

 

誰もが共感できるミッション

ビジョンは、自分たちが目指す姿であるのに対し、ミッションは会社の存在意義や目的のことです。つまり、何のためのそのビジョンを目指すのか?ということです。

政には、「戦争の無い世界を作る」というミッションがあります。

戦争の無い世界を作る(ミッション)。そのために、中華を統一する(ビジョン)。

この言葉に私はグラミン銀行創設者のモハマド・ユヌス氏を思い出しました。ユヌス氏は、「貧困の無い世界を作る」をミッションにして、マイクロクレジットの銀行設立をビジョンとして掲げ、世界に変革をもたらしました。

このような誰もが共感できるミッションがあると周りの人は巻き込まれていきます。

 

ビジョンに期限を「15年で中華を統一する」

信も政も明確なビジョンを持っていますが、さらにそこに“15年以内”という期限を付けることになります。この15年というのは、秦の国力を考慮しての期限。それ以上の戦争は国の体力が持たないということです。ビジョンに期限があるとさらに明確さが増しますし、期限があることで、人は創造性が増すと言われています。

実際、秦が趙に攻め入ろうとした際、秦の総司令であった昌平君は、正攻法で行っては15年以内に統一は出来ないと考え、いきなり敵の都市圏を攻めるという奇策を政に提案します。15年という期限がなかったら、そのような奇策は生まれていなかったでしょう。

よく優れたビジョンの例として出されるのが、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの、“1960年代中に人間を月に到達させる”という宣言です。

こちらも期限付きで非常に明確なビジョンと言えますし、実際、1969年に人類は月に到達します。

 

ビジョンを具体化する「法治国家の設立」

ビジョンが明確であっても、周りが“そんなこと実現できるはずがない“と思ってしまえば、絵に描いた餅になってしまいます。

実際、政も敵対勢力からビジョンをバカにされるシーンが何回かあります。

政がすごかったのは、そのたびにビジョンをより具体的に語り、相手を自分のビジョンに巻き込んでいくことです。

たとえば、政の敵対側である呂不韋は、貨幣制度こそが天下の起源であると言い、貨幣で中華を統一すると言います。

しかし、政はそれでは戦争は無くならないとし、人の本質を信じて、“人が人を殺さなくていい世界を作る”と宣言し、その言葉に敵対側である呂不韋ですら目頭を熱くするシーンがあります。

さらに秦からすると敵対する6か国のうちのひとつ「斉」の国王との話し合いでは、“人”ではなく、“法”によって中華を統一すると宣言し、斉の国王を見事に巻き込みました。

 

ミッション、ビジョン、ストーリー

明確なミッション、期限付きのビジョン、さらにそこに到達するための道筋。

さらにそれをストーリーで伝える力。

これらが相まって、人々は(信も)政に巻き込まれていきます。

正直、社長として、“うちの会社ってビジョンないよね”と言われることほど情けないことはありません。ぜひ政と信に倣って自社のミッションとビジョンを考えてみましょう。

 

関連記事はこちらから

仕組み化のステップ7.理念(ミッション、ビジョン、バリュー)を再構築する