仕組み経営レポートはこちらから

リーダーや経営者が呂不韋のワナから逃れるには? – 「キングダム」

社長のNo.2(右腕)のワナ

映画も漫画も大人気のキングダム。先日全巻一気読みしました。せっかくなのでこのキングダムから学べる経営やリーダーシップに関するヒントをメモっておきたいと思います。その4のテーマは「丞相は二人付ける」です。

キングダムとは?

原泰久によるマンガ。青年マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年9号より連載中。13年4月現在、単行本は30巻まで刊行されている。争乱が続く春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝となる秦王・政の活躍を史実とフィクションを織り交ぜて描く。12年6月よりNHK(総合・BS)でテレビアニメが放送開始。13年、手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞した。(コトバンクより引用)

 

今回は秦王国の組織体制に注目をしてみたいと思います。

会社の社長であれば、「No.2」や「自分の右腕」が欲しい、という方も多いでしょう。本田宗一郎氏に藤沢武夫氏。井深大氏に盛田昭夫氏、ビルゲイツにポールアレン、スティーブジョブズにスティーブウォズニアックなど、歴史を見ても社長と優れたNo.2のタッグの逸話はたくさんあります。

しかし、私たちの提唱している「仕組み経営」においては、”自分の仕事を楽にしてくれるNo.2(右腕)が欲しい”という考え方の危険性を理解しています。

その理由には、

  • ナンバー2に依存している職人型ビジネスに過ぎない。
  • ナンバー2と社長からの社員へのダブル指令。
  • 偽・委譲型社長になりがち

というようなことが挙げられます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【仕組み化の原則】社長のナンバー2(右腕)の罠

 

呂不韋に気を付けろ

さて、話を秦に戻すと、最初、秦には強力(過ぎ)なNo.2がいます。

それが丞相(首相みたいな人)である呂不韋です。呂不韋は商人から成りあがった人物で、秦の国王、政が小さかった頃からそばにいて、色々面倒を見ていました。だから第一巻では呂不韋は政の味方なのでは?と思われていました。

しかし、実は呂不韋は秦国王の転覆を狙い、自分が王になるという野心を持っている人物だったのです。政の面倒を見ていたのは、政が小さい頃から手懐けておこうという目論見だったのでしょう。

実際のところ、呂不韋は秦のNo.2の立場にいます。しかし、その権力と影響力は国王である政を上回ってしまっています。

ここまで極端ではないにしろ、実はこういう会社というのは結構あります。

社長はNo.2に色々なことを任せているつもりだったのに、いつの間にか、No.2が社内に派閥を作り、自分の影響力を高めてしまっているのです。

秦の場合、基本的には王は世襲制なのでいきなり転覆するということはありませんが、一般の会社においてはNo.2の人選ミスでいきなり転覆するということは大いにあり得ます。

No.2が派閥を作った後、社員を引き連れて辞めてしまうとか、No.2が社員の心をつかんでしまっているためにいつの間にか社長が言いたいことを言えなくなってしまっているとか、No.2が”自分のやり方”で勝手に仕事をし始めてしまうとか。

自分で作った会社にも関わらず、いつの間にか”No.2の会社”になってしまうケースが実はあったりします。

 

No more 呂不韋

政の場合には、自分が成長するにつれてリーダーシップを身に付けて、なんとか呂不韋の目論見を阻止することに成功します。この成功物語はキングダムの中でも見どころの一つであり、ここからリーダーとしての在り方を学んだ、という人もいるかも知れません。

しかし、現実には、ここでの重要な教訓は、”このような問題が起こらないような仕組みを作る”ということなのです。政は”呂不韋”という”問題分子”が生まれてしまってから対処しようとしたから大変なことになってしまいました。

経営で重要なのは、問題に対処することではなく、問題が起こらないような仕組みを作ることです。

つまり、政にとって重要なのは、二度と呂不韋みたいな人が出てこないような仕組みと組織を創ることなのです。

 

仕組みを変えなければ同じ問題が起こる

呂不韋問題の原因は、強力な権力を持つNo.2のポジション(丞相や相国)を作ってしまったことにあります。その組織構造を変えない限り、呂不韋の後継者が同じような問題を起こす可能性があります。

ちなみにちょっと時代が進んだ三国志時代。三国のうちの一つである魏という国があります。魏は元々、献帝という皇帝が収めてしました。しかし、戦国のさなか、力をつけてきた曹操が丞相というNo.2のポジションにつきます。その後、曹操は献帝をないがしろにし、実質、魏を掌握します。これも今回の呂不韋と同じパターンです。

ただ、曹操は魏を転覆させる前に死去します。本当はその時にNo.2というポジションを無くしておけばよかったのですが、何も変えなかったために、曹操の息子であり後継ぎであった曹丕は同じように献帝をないがしろにし、最終的には献帝に退位を迫り、自分が魏を掌握することになります。

 

丞相は二人付ける

再び話を秦に戻します。

魏と異なり、秦は呂不韋の目論見を防いだ後、体制を変えます。

No.2のポジションであった丞相を二人体制にします。

そして右丞相には軍総司令でもある昌平君(元・呂不韋側だが、政のビジョンに惚れて寝返る)、左丞相には最も信頼できる昌文君を配置します。

実際のところ、左右の丞相には少しだけ上下関係があるようですが、これで、国王である政の下には、二人の重役が出来たことになります。

この体制になると組織が非常に安定します。

もし一人が倒れてももう一人がカバーできますし、二人が同等の力を持っていれば、片方が派閥を作って反乱しようとしてもそう簡単にはいきません。二人が切磋琢磨することで組織の力は上がっていきます。

実際、キングダムの中でも今のところ、反乱分子は生まれていないように見えますし、右丞相の昌平君がロジックで外の戦いを指示するのに対し、左丞相の昌文君は秦のために地道に内部の組織を整え始めています。非常にバランスの良い体制と言えるでしょう。

 

後継者問題にも役立つ

また秦の場合には世襲制なので丞相が王の後継者になるということはないと思いますが、一般企業であれば、どちらかが社長の後継者になることもあり得ます。

社長を引き継ぐにあたっても、このような二人体制というのはメリットがあります。優秀なNo.2がいる会社の場合、社長はそのNo.2こそが自分の後継者であると考えます。これはいたって自然なことです。しかし、肝心の本人は社長なんてやるつもりはない、ということがあったりするのです。自分はNo.2でこそ力を発揮できるので社長はやらない、というわけです。

社長も最初からNo.2の意図を知っていれば問題ないかも知れませんが、そろそろ引き継ごう、と思ったときに判明したら大変です。急遽誰かを探さないといけません。

一方で秦のようにNo.2のポジションが二人体制であれば、どちらかに引き継げる可能性が高まります。

 

 

というわけで、今回は呂不韋を例にして、世間一般でいわれている”優秀なNo.2が欲しい”というセリフのワナを見てきました。ぜひ秦を見倣って、あなたの会社の組織も見直してみてください。