仕組み経営Eブックはこちら

会社の離職率が高い?新入社員が辞める原因とは?

今日のテーマは、

「人材が集まらない、会社の離職率が高いのはこれが理由」

です。

毎年、この時期になるとせっかくお金と時間をかけて人を採用したのに、すぐに辞めてしまったという声が散見されるようになります。

こうなると、大人世代は、”根性がない”、”理解できない”となってしまうのですが、”仕組み化”の発想が馴染んでいる方にとってみれば、これは新入社員本人の問題ではないことがわかると思います。

そもそも採用の仕組みと受け入れの仕組みが間違っているのです。

社員が辞める理由とは?

人がすぐに辞めてしまうというのは、

”自社の仕組みが昨今の働き方や価値観に追い付いていない”

ということです。

なぜ人がすぐに辞めてしまうのか?
もっと言えばなぜ採用出来ないのか?

その一つの理由は、

”5年後、10年後の未来が見えない”

ということだと思います。

あなたの会社では、社員の5年後、10年後の未来を提示できてますか?

社長も自社の5年後、10年後が見えない中で経営していくのは不安だと思います。

同じく、社員も自分の5年後、10年後の未来が見えない中で働くのは不安なのです。

昔は会社の業績が上がれば、年功序列で給与が上がっていった時代なので、社員はあまり自分の人生設計について深く考える必要がありませんでした。

ただ今は違います。

会社の業績と自分の人生は関係ないと考えている人が多いのです。

だから、何年間で、このくらいの能力が身について、この業務が出来れば、これくらいの立場でこれくらいの給与になる、という「キャリアのモデルプラン」を提示できないと社員は不安なのです。

そのような未来への不安が辞めてしまうひとつの要因でしょう。

特に新卒の場合、一年目は雑用係から始まることが多いので、”このまま続けても未来がない”と思って、早めに見切りをつけられてしまいます。

採用活動における注意点

逆に、「キャリアのモデルプラン」があれば、採用にも役立ちます。

”うちの会社は将来こうなる”

という会社のビジョンと同時に、

”あなたは将来こうなる”

という「キャリアのモデルプラン」を提示できれば入社してからのイメージが付きやすくなりますし、実際の入社後のミスマッチも少なくなります。

そこまでプランを提示できる企業は本当に稀なので、採用活動においても大きな差別化の要因になります。

というわけで、ここから宣伝ですが、5月から開始予定のこちらの連続講座にご参加いただくと、いま言った「キャリアのモデルプラン」を創れるようになります。

自己成長型組織を目指す人事評価制度のつくり方
https://www.shikumikeiei.com/hrshikumi

この講座では、等級制度、評価制度、給与制度の創り方を学んでいきますが、それぞれ社員の視点から見ると、

・等級制度・・・キャリアアップの階段
・評価制度・・・どんな能力が付けるべきか
・給与制度・・・将来どこまで上がっていくのか

という普通の会社では不透明な部分を可視化できるようになります

人事評価制度というと、社員から不満が出ないようにするため、という不満防止の印象が強いですが、実は視点を変えれば、定着率向上、採用力の向上という大きなメリットをもたらします。

今月末まで特別価格でのお申込みが可能ですので、ぜひ以下からご確認ください。

自己成長型組織を目指す人事評価制度のつくり方
https://www.shikumikeiei.com/hrshikumi

では本日は以上となります。
引き続きよろしくお願いいたします。