仕組み化を支援できるコンサルがほとんどいないワケと選び方



清水直樹
今日は仕組み化を支援できるコンサルがほとんどいないワケと、コンサルタントを選ぶ際の基準についてご紹介していきます。

 

なぜ仕組み化を支援できるコンサルタントがいないのか?

仕組み化とは、会社の目標(理念やビジョンなど)を実現するために、複製可能な仕事のやり方を設計することです。「仕組み化」は成長企業の社長にとって欠かせない課題です。仕組み化をしなければ、いつまでたっても、創業メンバーの個人技で会社が成り立っていることになり、小規模な事業に留まってしまうからです。

一方、本当の意味で、社長が望むような仕組み化を支援できるコンサルタントは非常に少ないのが実態だと思います。社長が感じるその時々の課題、たとえば、資金繰り、社員教育、事業承継等の個別案件に対応できるコンサルタントは多いですが、社長のビジョンに向けて、会社の経営を包括的に仕組み化するメソッドを持っているコンサルタントはほとんどいないと言っていいと思います。

コンサルタント自身が仕組み化できていない

仕組み化を支援できるコンサルタントが少ない大きな理由は、コンサルタント自身が自分の仕事を仕組み化できていないからです。ほとんどのコンサルタントは、自分自身が職人として働いています。独立してコンサル会社の社長という肩書だったとしても、その実態は、自分自身が営業をし、コンサルをし、という感じで、自分自身の職人技に依存して経営しているにすぎません。

これは他業界の小規模企業と同じです。たとえば、エンジニアの経験を持つ人が独立して会社を設立したとします。肩書上は社長ですが、少なくとも初期の段階では自分自身が営業をし、プログラミングをし、システムのメンテナンスをし、、、という感じで、やっている仕事は経営者の仕事というよりも、会社員のエンジニアの仕事と同じです。

私たちは、このように、会社の経営が創業者の職人技に依存している会社のことを職人型ビジネス、職人型経営、と呼んでいます。実は、会社が小さいままであり、創業者の体力と時間の限界とともに衰退していく理由は、大半の会社が、職人型ビジネスであることなのです。

職人型ビジネスから抜け出すためには、仕組み化が必要です。創業者の行っている仕事を仕組みに変え、他の人でも出来るようにしなければいけません。

それが出来ると、社長は社長本来の仕事、つまり、未来を描き、方向を指し示すことに集中できるようになります。このような会社を職人型ビジネスと比較して、起業家型ビジネスと呼んでいます。

専門能力は持っているが、仕組み化は出来ない

大半のコンサルタントは職人型ビジネスです。そして、多くの場合、仕組み化が出来ず、自分自身が最前線のコンサルタントとして働き続けることになります。

コンサルタントは特定領域の業務については詳しい専門知識を持っているかも知れませんが、自分自身が仕組み化できていません。したがって、そのやり方を顧客向けに指導することが出来ないのです。

 

仕組み化する方法を体系化した世界初のコンサルタント

大半のコンサルタントが自分自身の仕事の仕組み化が出来ていない中、それを実現し、世界的な会社を創った人物がいます。それが私の師匠でもあるマイケルE.ガーバー氏です。マイケルE.ガーバー氏は、1977年に中小・成長企業向けに会社を仕組み化するためのメソッドを提供するコンサルティング会社を設立しました。そして、顧客に教えている仕組み化のメソッドを自分でも実践し、わずか創業2年でコンサルの現場から離れ、会社経営に専念することに成功しました。のちに彼の生み出した仕組み化のメソッドは世界中に知れ渡りました。日本では2010年に私が彼のプログラムを日本に導入し、現在の活動に至ります。

ガーバー氏の詳しい紹介は以下の記事に譲りますが、現在、私たちが仕組み化のご支援をできているのは、彼の考え方を深く理解し、学んだことが発端となっています。

マイケルE.ガーバーから学んだこと

 

 

仕組み化のコンサルタントを選ぶ条件

さて、では、仕組み化のためにコンサルタントを雇おうと思った時に、どういう基準で選べばいいかをご紹介していきます。

1.自社が仕組み化に成功しているか?

申し上げた通り、自分自身が仕組み化の重要性を知り、成功していることが大切です。自身が仕組み化できていなければ、それを顧客企業で再現することが出来ません。具体的に言えば、クライアント対応を仕組み化し、他のメンバーに委任出来ているか?
コンサルタントという職種の性質上、クライアントはそのコンサルタント本人に依頼をしたいと思います。しかし、少なくとも、全てのクライアントに自分自身で対応する、という状態から抜け出していることが見極めるポイントと言えます。

2.全体最適の考え方を持っているか?

会社は様々な仕組みで成り立っています。たとえば、営業の仕組み、集客の仕組み、財務の仕組み、人事の仕組み等々です。大切なのは、これらは全て互いに関連しあい、影響を与えあっている、ということです。会社の社長は、これら様々な仕組みの整合性を上手く取り、全体最適されるようにしていかなくてはなりません。
一方、大半のコンサルタントは、”仕組み化”を標榜していたとしても、部分最適の提案にとどまっていることが多いです。つまり、財務系出身のコンサルタントは、財務の最適化、営業系出身のコンサルタントは、営業の最適化、という感じです。会社の仕組みというのは、複雑に影響しあっていますので部分最適を積み上げれば全体最適になるわけではありません。
それぞれの分野の最高の仕組みを持ち寄れば会社経営がうまく行く、というのであれば社長の仕事は楽なものです。実際にはそうではないのです。
この財務の仕組みを入れたら営業がおかしくなった、この営業の仕組みを入れたら人事がおかしくなった、などのように、どこかを治せば、またどこかが痛む、というのが会社経営です。だからこそ、社長の悩みは絶えないのです。

他社が真似できないトヨタの仕組み

とある有名な話をご紹介します。

トヨタのある経験豊富な経営幹部が、視察に訪れた企業幹部たちの案内役を100回以上務めた後にこう言いました。

​彼らの言うことはいつも決まっている。

​『なるほど、ここはカンバン方式だね。わが社もそうだ。品質管理サークルか。わが社もやっている。』と。

​彼らはみんな部分を見て、その部分を真似る。

​彼らは全ての部分がどう連携しているかには目を向けませんでした。

トヨタはかつて、カンバン方式に代表されるような製造の仕組みが世界から注目され、たくさんの視察団がやって来ました。



しかし彼らは、トヨタの部分部分だけを見て、これはうちもやっている、これは知っていると、パーツしか見ようとしなかった、というのです。

大切なのは、パーツひとつひとつよりも、それぞれのパーツがどのようにしてトヨタという会社全体に貢献しているのか?に目を向けることだったのです。

世の中のあらゆるノウハウや仕組みは、それが自社に合うかどうか?自社のビジョン達成にどう貢献するか?という視点が無ければ、手に入れるだけ無駄となってしまいます。

​全体最適で仕組み化を支援してくれるか?

そこで、仕組み化をコンサルタントに依頼する場合には、そのコンサルタントが”全体最適の視点”を持っているかが大切です。自分の専門分野のみならず、その仕組みを入れることで、会社の他の部分にはどのような影響が出るのか、最終的には会社の理念実現にどう役に立つのかを理解しているかどうかがポイントになるでしょう。

3.仕組みを押し付けないか?

先ほど申し上げた通り、各分野の”完成された仕組み”を導入すれば会社が上手く行く、というのであれば楽ちんです。でもそうはなりません。コンサルタントが持ってくる”完成された仕組み”は、自社に合う場合と合わない場合があります。それは自社の企業文化の問題や他の仕組みとの兼ね合いによるのです。
たとえていうならば、私たちの身体と同じです。あなたの臓器のひとつを他の人の臓器と入れ替えたらどうなるでしょうか?たとえそれが入れ替えたのが健康な臓器だったとしても、拒絶反応が出るはずです。会社も同じです。
会社は人と仕組みで成り立つ一つの生命体と言えます。その中に、別の完成された仕組みを入れたら拒絶反応が出るのです。
したがって、コンサルタントが持ってくる完成された仕組みを導入する際には注意が必要です。それを自社に合うようにカスタマイズして導入してくれるかどうかを見極める必要があります。

 

4.再現性があるメソッドを持っているか?

コンサルタントが持ってくる仕組みが再現性があるものかどうか?つまり、自社でも同じように機能するか?が大切です。
繰り返し述べているように、仕組みというのは、A社では機能したが、B社では機能しなかった、ということが良くあるのです。全ての会社で同じように機能する仕組みがあるとしたら、みんなそれを導入しているはずなのです。しかし実際にはそういった仕組みはありません。各社それぞれ、他社の仕組みを参考にしながらも、試行錯誤して自社独自の仕組みを創っているというのが実態です。
そこで、”完成された仕組み”を導入するのではなく、いかに自社独自の仕組みを作れるメソッドを持っているか?が大切になります。

5.仕組みの目的を理解しているか?

コンサルタントが仕組みの目的を理解しているかどうかも大事な点です。
社長が求める仕組みづくりとは、会社の目標(理念やビジョンなど)を実現するために、複製可能な仕事のやり方を設計することです。あくまで会社の目標を実現させることが目的です。
一方、仕組み化と言うと、業務改善による効率性アップや、マニュアル化による標準化などに理解がとどまっているコンサルタントが多いように思えます。それは彼らが業務改善や標準化等を専門としてきた職人だからなのです。
社長は、より高い目線で、社長が目指す会社を創る支援をしてくれるコンサルタントを選ぶべきと言えるでしょう。

仕組み化するなら仕組み経営

以上、なぜ仕組み化を支援できるコンサルタントがいないのか、そしてコンサルタントを選ぶ際のポイントをご紹介してきました。
最後に宣伝になりますが、私たち仕組み経営では、先述したマイケルE.ガーバー氏の思想をもとに、会社を仕組み化する方法を体系化したメソッドで仕組み化をご支援しています。完成された仕組みを御社に導入するのではなく、コーチング型で、御社独自の仕組みづくりを行い、理念実現をご支援しています。詳しくは以下のガイドブックをダウンロードされてご覧ください。

>企業は人なりは嘘?

企業は人なりは嘘?

社長依存から脱却し、仕組みで成長する会社するためのガイドブックをプレゼント中。

CTR IMG