初めての方はこちら

キングダムから学ぶビジネスに役立つリーダーシップのあり方

今回のテーマは、キングダムから学ぶリーダーシップです。

映画も漫画も大人気のキングダム。先日全巻一気読みしました。せっかくなのでこのキングダムから学べる経営やリーダーシップに関するヒントを語っていきたいと思います。

 

キングダムとは?

原泰久によるマンガ。青年マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2006年9号より連載中。13年4月現在、単行本は30巻まで刊行されている。争乱が続く春秋戦国時代の中国を舞台に、大将軍を目指す少年・信と、後に始皇帝となる秦王・政の活躍を史実とフィクションを織り交ぜて描く。12年6月よりNHK(総合・BS)でテレビアニメが放送開始。13年、手塚治虫文化賞でマンガ大賞を受賞した。(コトバンクより引用)

キングダムのリーダーシップ論①ビジョン・ミッション

キングダムから学べるリーダーシップ論の一つ目は、「ビジョンの大切さ」です。

明確なビジョンを持つ

第一話に登場し、その後のストーリーの根幹にもなっているのが、信と漂の明確な目標、「天下の大将軍になる」というセリフ。実際、信が大将軍に向けて成長していくことがキングダムのストーリーの大テーマになります。

信の目標「天下の大将軍になる」というのは、会社でいえばビジョンということになるでしょう。ビジョンとは、自社は何を目指すのか?という青写真のことです。

最近よく言われる“生産性”という言葉がありますが、“生産的である”というのは、ビジョンに向けて、着実に前に進んでいる状態のことを言います。ビジョンがなければ生産性も何もないのです。

このビジョンが明確であればあるほど、日々の仕事の中で何をすべきなのかが明確になります。迷いがなくなるので、生産性が高まるわけです。

信と漂のビジョンは極めて明確です。一言で言えるうえ、誰が聞いても、それがどういう状態なのかがわかります。

一方、後の秦の始皇帝、政にも明確なビジョンがあります。

それはもちろん、「中華を統一する最初の王になる」です。

政はその後、何人もからこのビジョンに難癖をつけられながらも、それを貫き通し、実現に向けて動いていきます。

期限を設ける

さらに、キングダムの中でリーダーシップの観点から素晴らしいのが、ビジョンに期限を設けていることです。

信も政も明確なビジョンを持っていますが、さらにそこに“15年以内”という期限を付けることになります。この15年というのは、秦の国力を考慮しての期限。それ以上の戦争は国の体力が持たないということです。ビジョンに期限があるとさらに明確さが増しますし、期限があることで、人は創造性が増すと言われています。

実際、秦が趙に攻め入ろうとした際、秦の総司令であった昌平君は、正攻法で行っては15年以内に統一は出来ないと考え、いきなり敵の都市圏を攻めるという奇策を政に提案します。15年という期限がなかったら、そのような奇策は生まれていなかったでしょう。

よく優れたビジョンの例として出されるのが、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの、“1960年代中に人間を月に到達させる”という宣言です。

こちらも期限付きで非常に明確なビジョンと言えますし、実際、1969年に人類は月に到達します。

誰もが共感できるミッション

ビジョンは、自分たちが目指す姿であるのに対し、ミッションは会社の存在意義や目的のことです。つまり、何のためのそのビジョンを目指すのか?ということです。

政には、「戦争の無い世界を作る」というミッションがあります。

戦争の無い世界を作る(ミッション)。そのために、中華を統一する(ビジョン)。

この言葉に私はグラミン銀行創設者のモハマド・ユヌス氏を思い出しました。ユヌス氏は、「貧困の無い世界を作る」をミッションにして、マイクロクレジットの銀行設立をビジョンとして掲げ、世界に変革をもたらしました。

このような誰もが共感できるミッションがあると周りの人は巻き込まれていきます。

キングダムのリーダーシップ論②実現力

キングダムから学べるリーダーシップ論の二つ目は、ビジョンを実現する「法治国家の設立」です。

ビジョンが明確であっても、周りが“そんなこと実現できるはずがない“と思ってしまえば、絵に描いた餅になってしまいます。

実際、政も敵対勢力からビジョンをバカにされるシーンが何回かあります。

政がすごかったのは、そのたびにビジョンをより具体的に語り、相手を自分のビジョンに巻き込んでいくことです。

たとえば、政の敵対側である呂不韋は、貨幣制度こそが天下の起源であると言い、貨幣で中華を統一すると言います。

しかし、政はそれでは戦争は無くならないとし、人の本質を信じて、“人が人を殺さなくていい世界を作る”と宣言し、その言葉に敵対側である呂不韋ですら目頭を熱くするシーンがあります。

さらに秦からすると敵対する6か国のうちのひとつ「斉」の国王との話し合いでは、“人”ではなく、“法”によって中華を統一すると宣言し、斉の国王を見事に巻き込みました。

キングダムのリーダーシップ論③プレゼン力・コミュニケーション

キングダムから学べるリーダーシップ論の四つ目は、圧倒的なプレゼン力です。

蕞での政のスピーチ

蕞での政のスピーチに感動した人もいるでしょう。

秦を脅威だと思った敵対国、趙の宰相李牧は、他国を巻き込んで秦を打倒するための合従軍を率います。

秦が迎えた最大のピンチのこの時、政は王自ら蕞に向かいます。そして、“市民を兵士にする”ための扇動スピーチを行います。

そのうえで政は、「蕞で敵を止めねば、秦は滅亡する」と事実を伝えます。そして、大変な戦いになるが、先祖たちもそうやって国を守って来たのだと伝え、自分も共に戦うことを宣言します。

結果、王の話を聞いた市民たちは奮起し、自分たちで自分たちの国を守ろうと戦う決意をするのです。

この政のスピーチの流れは変革を導くリーダーシップの鉄板と言えます。

ジョン・コッターという有名なコンサルタントは、この時の政のように、変化を起こさないといけないリーダーたちに向けて、変革への8段階アプローチとして以下のステップを生み出しました。

1) 危機意識を高める

変革に携わる関係者の間に「危機意識」を生み出すために事実を伝えます。政の場合も、まず事実を隠すことなくオープンに伝え、いま一体どういう状況なのかを市民に理解させました。

 

2) 変革推進のための連帯チームを築く

変革を実行するチームを創ります。政の場合には、チームの人選の余地がほとんどありませんでしたが、幸い信をはじめとする信頼できるチームがありました。

 

3) ビジョンと戦略を生み出す

変革に導くためにビジョンを生み出し、ビジョンを実現するための戦略を立案します。政は自分たちでこの国を守るというビジョンを伝えます。

 

4) 変革のためのビジョンを周知徹底する

全員に話しているだけでは、一人一人が責任感を持つことがありません。政は市民全体に訴えかけるだけではなく、小さな子供に対して個別に声を掛けます。これによって市民は、政が一般的な話をしているのではなく、一人一人に向けて話していることを感じ取るのです。

 

5) 従業員の自発を促す

市民の士気が落ちないように、政は計7日間にわたる蕞での戦いの間、夜を徹して兵士となった市民たちに声をかけ続けます。

 

6) 短期的成果を実現する

蕞での戦いは、結果として7日間続きますが、いかんせん、ほとんどの兵が一般市民なので、まず初日を生き残れるかどうかがこの戦いに勝利できるかどうかのカギを握ります。咸陽でこの戦いを見守っている総司令の昌平君も、「初日を保てれば蕞に光が差すかも知れない」と予想します。実際、初日は見事に蕞を守り抜き市民たちも自信を付けます。

 

7) 成果を生かして、さらなる変革を推進する

8) 新しい方法を企業文化に定着させる

この辺の描写は特にないですが、政は怪我をしながらも市民と一緒に戦い抜き、結果として蕞は守られることになります。

リーダーとしてのコミュニケーション

スピーチやプレゼンの方法については他に多数の参考書籍などがあるのでここでは詳しく紹介しません。ただ、私がここですごく大切だと思ったのは次の二つです。

オープンにコミュニケーションを行うこと

社長は悪い状況が起こると、それをメンバーに共有したがらないものです。その理由は第一に、悪い状況だとわかるとみんなが離れてしまうという恐れ。そして第二に、そんな事態を招いてしまった自分の弱さを見せたくないから。

ただ、政はいまが最悪の状況であることを躊躇なく市民に伝えました。思えば政は信と出会った当初から、自分は最悪の状況に置かれているということを隠すことなく伝えていました。それでいて、中華を統一するという大きなビジョンを持っていたのです。

ここから、リーダーとしての本当の強さとは、弱みを見せないことではなく、弱みも悪いこともさらけ出せることである、とわかります。

私が師事するマイケルE.ガーバー氏もこう言っています。

あなたのリーダーとしての能力は、あなたがすべてのことについて良く知っているかどうかによって決まるものではない。それは、あなたが自分の強さや弱さについて、いかにオープンであるか、いかに正直であるかによって、決まるものである。

社員からすると、”情報が隠されている”と感じることほど、モチベーションを下げることはありません。基本的に、社員は会社の情報を知っていればいるほどうまく働けます。

オープンにコミュニケーションは、いまのリーダーには必須なスキルと言えるでしょう。

 

一人一人に個別にコミュニケーションすること

チェーンストア経営には、「個店対応」と「個別対応」という言葉があるそうです。

「個店対応」というのは、各店が営業方法を独自に決めること。一般の会社でいえば、各メンバーの完全な自由裁量に任せるということです。これはチェーンストアでやってしまってはいけないことです。全体のブランドを大きく傷つけることになります。

一方の「個別対応」とは、本部から各店への指示のコミュニケーションの方法と内容を個別に対応するということ。指示の内容自体は変わりませんが、各店によって状況が違ったりするので、その状況に合わせ工夫して、各店に伝達するということです。

今回の政のコミュニケーション方法は完全に「個別対応」ですね。全体にビジョンを伝えながらも、一人一人の市民と話すことを忘れませんでした。そのことが一人一人が責任感を持って戦うことにつながったのでしょう。

まとめ

さて、ここまでキングダムから学べるリーダーシップについて語ってきました。

ポイントは、3つです。

・明確なビジョンとミッションを持つ

・ビジョンを実現するための道筋を具体的に描く

・みんなを先導するプレゼン力とコミュニケーション力

さらに、ここにプラスしてそれをストーリー形式にして伝える力があるとさらに素晴らしいリーダーシップを発揮することができます。これをヒーローズジャーニーと言い、神話の研究家として知られるジョセフ・キャンベル氏は、英雄にはヒーローズジャーニーが必ず付随するという研究結果を出しています。

キングダムではビジネスに参考になるリーダーシップのあり方が存分に描かれています。

読んでいない人はもちろん、読んだ人も、リーダーシップという観点から是非もう一度読み直してみましょう!

参考記事:

・「起業家・経営者はストーリー(ヒーローズジャーニー)を語れ – 「キングダム」

・「ミッション、ビジョン、バリューの作り方から違いまで完全解説

合わせて読みたい記事