仕組み経営の導入はこちら

働き方改革と生産性と関係ない!?グーグルが唱える生産性向上の条件

近年、働き方改革を推進して企業の生産性を向上させようとする様々な動きが見受けられます。

このような動きは、コスト削減や労働の効率化など確かな成果をあげています。

しかし、グーグル社内にあるピープルアナリティクス(人材分析)チームが発見した、生産性向上に関する研究結果では生産性向上に関する興味深い研究結果が発見されました。

実は、生産性の向上に最も寄与する条件は、働き方ではないことがわかったのです。

では、生産性向上に最も影響を与える条件とはなんなのでしょうか。

以下からご覧ください!

生産性向上に関する一般常識は間違い

グーグル社内にはいろいろなプロジェクトチームがあり、他の会社と同様、チームによって生産性が高いチームとそうでないチームがあります。

そこでピープルアナリティクスチームは、

生産性の高いチームと低いチームの違いは何なのか?

というテーマを研究したそうです。

世の中には、チームの生産性を扱った書籍などがたくさん出ていると思いますが、その大半は、チームの雰囲気が良くなるとか、メンバーが自主的に行動するようになる、など感性的な結論に終始しています。

一方、グーグルの研究の特異な点は、「ピープルアナリティクス」という名のとおり、目に見える数字で、何が生産性に影響を与えるのかを割り出している点です。

さて、その研究結果ですが、一般的に生産性に影響していると思われている次のような点は、実はほとんど生産性に影響を及ぼしていなかったそうです。

・カリスマリーダーがいる

・フラットなチーム編成になっている

・チームの行動規準がしっかりしている

・優秀なメンバーが集まっている

では、チームの生産性に影響を与えている要素とは何だったのでしょうか?

生産性向上の絶対要素

記事では、それを「心理的安全性」と結論付けています。

以下、記事の抜粋をご紹介させていただきます。

「プロジェクト・アリストテレスの結果から浮かび上がってきた新たな問題は、個々の人間が仕事とプライベートの顔を使い分けることの是非であったという。

もちろん公私混同はよくないが、ここで言っているのはそういう意味ではなく、

同じ一人の人間が会社では「本来の自分」を押し殺して、「仕事用の別の人格」を作り出すことの是非である。

多くの人にとって、仕事は人生の時間の大半を占める。そこで仮面を被って生きねばならないとすれば、それはあまり幸せな人生とは言えないだろう。

社員一人ひとりが会社で本来の自分を曝け出すことができること、そして、それを受け入れるための「心理的安全性」、

つまり他者への心遣いや共感、理解力を醸成することが、間接的にではあるが、チームの生産性を高めることにつながる。」

要するに、皆がいつも「本来の自分」であることによって、人間同士のつながりが生まれ、それが結果としてチームの生産性向上につながるということです。

ワークライフバランスの真の意味とは?

働き方改革と共にワークライフバランスという言葉が流行りだし、生産性向上にはワークライフバランスを整えることが不可欠と言われてきました。

そしてワークライフバランスとは仕事とプライベートの自分を分けることだ、というような風潮が生まれています。

しかしこの研究結果によれば、それでは生産性は上がらないし、仕事における安心感も生まれないということです。

表現は違いますが、ザッポスのCEO、トニー・シェイは、「私たちが目指しているのは、ワークライフ・インテグレーション(統合)」です」と、同じようなことを言っています。

つまり、真の意味での働き方改革/ワークライフバランスとは、職場で本来の自分を晒け出せるか否かであるということです。

そしてそれが生産性向上に一番繋がるのです。

皆さんは職場で自分を偽ってはいませんか?

プライベートの自分と仕事の自分を分ける必要はなく、”仕事に自信を持って自分らしさを織り込むこと”こそが真の働き方改革です。

是非一度自分の働き方を見直してみてください。

もしあなたが経営者/マネージャーならば、是非社員が自分を晒け出せる環境であるかどうかを考えてみてください。

原文(英語):
http://www.nytimes.com/2016/02/28/magazine/what-google-learned-from-its-quest-to-build-the-perfect-team.html?_r=0