仕組み経営Eブックはこちら

「現場の仕事を半分以上削減、CEOを交代して次のステージへ」 一般社団法人Eirene University 創業者 柏野 尊徳様インタビューレポート

今回のインタビューレポートは、一般社団法人Eirene University(アイリーニ・ユニバーシティ) 創業者の柏野 尊徳さんです。

公式HP:https://ems.eireneuniversity.org/

 

柏野さんは、最初、仕組み経営のオンラインプログラムを受講いただいたのち、仕組み経営導入パッケージ(https://entre-s.com/7install)を受けられました。

導入から1年経った今では、現場の仕事を半分以上削減、CEOも交代され、組織を次のステージに進ませるための活動に注力されようとしています。

以下、どのようにして進めてきたのかをインタビューさせていただきました。

 

清水

では、今の仕事から教えてもらっていいですか?

 

柏野

今の仕事は、非営利組織の社団法人で、教育研究事業をやっています。イノベーション・マネジメントをテーマに、主に企業関係者に向けて専門的な知識やトレーニング機会を提供しています。例えば、デザイン思考のような考え方やプロセス、イノベーション活動に必要なチームビルディングの方法や組織構築のポイントなどです。

 

清水

今の組織を作ったのはいつぐらいで、どういうきっかけですか?

 

柏野

原型は2012年の2月ですね。大学で出会った勉強仲間3人と、あるゼミへ一緒に入ろうとしてました。でも、僕だけ受かって他の2人が落ちてしまって。

 

清水

よくあるパターンですね。

 

柏野

そこで「自分たちで勉強会を立ち上げよう」と言い出して始めたのが事業体の原型です。最初は完全に趣味のボランティ活動でしたね笑。そのときのテーマがイノベーション活動を支援する「デザイン思考」という考え方、プロセスでした。2012年3月にスタンフォード大学に行く機会があり、そこで現地の講師から学んだり、本を読んだりしてました。最初は自分たちの学びのためにやってましたね。

 

清水

そこから会社にして、事業の立ち上げをするとき、顧客を獲得しなきゃいけないと思うんですけど、その辺はどうやりましたか?

ここから先は会員限定です。会員の方はここからログインしてください。

実践会員になるにはこちらをご覧ください。