10月23日開催「仕組み経営サミット」詳細はこちらから

クリエイティブな(非定型)業務をどのように仕組み化するのか?そして、いかに良い結果を出すのか?

このレポートでは、クリエイティブな(非定型)業務をどのように仕組み化するのかをテーマにして、海外のウェブマーケティングのプロ、Brent Hodgson氏のインタビューをご紹介します。

Brent氏は、マーケットサムライ(https://www.marketsamurai.com/)というサービスの運営者の一人で、クライアントのウェブサイトの改善を仕事にしてきました。ウェブサイトの制作やマーケティングというのは、クリエイティブ要素が大きく、仕組み化できないと思われがちですが、彼は、“そうではない“と言います。以下からインタビューをご覧ください。

 


インタビュー:クリエイティブな(非定型)業務をどのように仕組み化するのか?

ウェブサイトは、会社のセールス&マーケティングの資産であり、顧客を生み出し続け、利益を上げるためのものです。私は多くの機能していないウェブサイトを、効果が出るように変えてきました。

ウェブサイトを効果が出るようにするために多用するのが、スプリットテストです。いまのウェブサイトと違うバージョンのものを創り、アクセスを分岐させて、前バージョンとどちらが効果が上がるかを測定するというものです。

この方法の一つの問題は、違うバージョンを作る際に、クリエイティブな発想が求められるということです。前のバージョンよりも効果が出るようなものにしないとテストをする意味がないからです。

たとえば、ヘッドラインを変更したり、画像を変更したりするのにクリエイティブさが必要になります。

私自身、このような能力を身に付けるのに、パートタイムでインターネットマーケティングに関わっていた時期を含めると約20年かかりました。私がこの仕事を始めてすぐに思ったのは、このままではビジネスをスケール(拡張)出来ないということでした。ビジネスをスケールするには、私のクリエイティビティを誰かに教える必要がありました。

クリエイティブな仕事をしている人たちの間で、神話のように信じられていることがあります。それは、クリエイティブな仕事は人に教えることが出来ない。そして、クリエイティビテイを持った人を雇うのは、高いコストがかかる、ということです。彼らは、高いクリエイティビティを他人から教えてもらうのは無理だと考えています。しかし、私の経験によれば、それは可能です。

ここから先は会員限定です。会員の方はここからログインしてください。

実践会員になるにはこちらをご覧ください。