仕組み経営の導入はこちら

「企業は人なり」は幻想?

経営者の、「ヒトの悩み」は尽きることがありません。

多くの経営者の方は、優秀な人材さえいれば、、、と考えますが、実際のところ、大半の中小スモールビジネスでは、優秀な人材を雇う余裕も、優秀な人がやってくるのをのんびり待っている余裕もないのが実態です。

ここでは、日本企業でよく言われている「企業は人なり」という言葉と仕組み経営の関係性について解説します。

「企業は人なり」とは?

「企業は人なり」

「人材こそが最大の財産である」

というのは良く知られた格言です。「企業は人なり」と言ったのは、かつて経営の神様と言われた松下幸之助氏だとされています。企業は働く人の人格や姿勢によって、良くも悪くもなる、ということでしょう。そんな中でも松下氏自身が人格者であり、人としての在り方の模範であったことと思います。

もちろん、企業は人で成り立っていますので、人が大事ではない、ということではありません。ここで言いたいのはむしろ逆であり、良い仕組みがなければ、人を活かすことが出来ない、ということなのです。

実際のところ、多くの経営者は人の問題に常に悩まされ、人がかえって、問題の発生源になってしまっています。

たとえば、

  • 採用した人がすぐに辞めてしまう
  • そもそも人が採用できない
  • 職場の人間関係が悪い
  • ミスが多い
  • 社員のモチベーションを上げるのに四苦八苦している
  • なかなか一人前に育たない

等々。

経営者は本来、視点を社外、つまり顧客に向けるべきですが、人の問題が絶えないために社内のに目が行ってしまいがちの人が多いのが事実でしょう。

 

人依存の会社と仕組み依存の会社

なぜ大半の会社では「人に関する問題」が

なくならないのか?

それは、大半の会社が「人材依存」で創られているからです。

ワールドクラスに成長する会社は、「仕組み依存」なのに対し、大半の中小スモールビジネスは「人材依存」です。例としてその違いを見てみると、、、

人依存の会社と仕組み依存の会社の違い

このように「人材依存」の会社と「仕組み依存」の会社では経営に対する考え方が「正反対」なのです。

「企業は人なり」

この格言が正しいのは、 あなたの会社に正しい人を採用したり、人を活かす仕組みがある場合に限ります。

仕組みがあることで、人が活きる

マネジメントとは人を通じて仕事を進化させることではない。仕事を通じて人を進化させることである。- 詠み人知らず

仕組み化、というと、社員(人)を軽視しているように思えるかもしれません。

しかし、正しく仕組み化が為されれば、仕組みは人を縛るものではなく、彼らの能力を発展させ、最大限に発揮されるものになります。

たとえば、ヤクルトでは、初心者の販売員(ヤクルトレディ)でも販売できるように仕組みが整えられており、世界中に広まっています。

また、例えば米国で有名なEC企業ザッポス社。

とある社員は内気であまり自分のやりたい仕事をやることが出来ませんでした。

しかし、会議の仕組みを変え、全員が発言できるようにしたことで、いまではチームリーダーとして活躍しています。

 

ザッポス社の詳細についてはこちらからご覧ください。

 

その人が活躍できるかどうかをその人次第にしてしまっては、せっかくの人の可能性も活かすことが出来ません。人が持っている可能性を発揮させるためにも仕組みが必要なのです。

 

仕組みがあることで、社員は創造性を発揮できる

会社における人の価値は、なんといっても創造することです。単なる作業はどんどん機械やAIに置き換わっていきます。そんな中で人の価値は、新しいやり方を考えたり、新しい工夫を加えたり、新しい事業を立ち上げたり、と創造性を発揮することなのです。

これは社員であろうと社長であろうと変わりがありません。全ての社員が創造性を発揮して働くことこそが、会社の成長につながっていきます。

では、社員が創造性を発揮するにはどうすればいいのか?

人が創造性を発揮するのは例えば、運動している時、お風呂に入っている時、など日常の何気ない活動を無意識にしている時だとされています。あなたも経験があるかも知れませんが、目の前の雑務からいったん離れて、リラックスした時に良いアイデアが生まれやすいとされています。目の前の作業に追われて忙しく、頭の中がいっぱいいっぱいの時にはいいアイデアが出ません。

ということは、社員が創造性を発揮するためには、社内でそういった環境を創らなければなりません。そのためには、可能な限り、作業レベルでの判断を無くすことです。つまり、この仕事をどうやろうか?このクレームにどう対応しようか?この案件にどう対処しようか?そういった細かい作業レベルのことは無意識のうちに出来るようにすることです。

要はそれが仕組み化なのです。仕組み化を行い、作業レベルの細かい判断をしなくても良くなれば、その分、より創造的な仕事に時間を使うことが出来ます。

繰り返しになりますが、仕組みは人を縛るものではなく、彼らの可能性を最大限に発揮させるために創られるものなのです。

 

仕組み経営の導入はこちらから

仕組み経営導入のための詳細資料をお届けします。以下に有効なメールアドレスをご登録ください。

 

仕組み経営について知る

経営の仕組み化とは?

ここでは経営を仕組み化する方法 、つまり仕組み経営の基礎について解説していきます。   目次仕組みと ...
「はじめの一歩を踏み出そう」要約と書評

中小企業経営の悩みは40年前に解決済み ~仕組み経営誕生のきっかけ~

中小企業の悩みは40年前に解決済み 1977年、マイケルE.ガーバー氏は、「売上が伸びない」、「良い人材が見つ ...

職人型ビジネスと起業家型ビジネスの違い

「はじめの一歩を踏み出そう」の中で、最も重要なポイント、“起業家の視点”についてご紹介していきます。 何事も見 ...

フレデリック・テイラー、メイヨーからレイクロックまで ~歴史に学ぶ仕組み化~

経営の仕組み化は、歴史上、数多くの企業や研究者が取り組んできました。 そのため既に多くの成功事例、失敗事例が存 ...

定型業務のマニュアル化は一歩目に過ぎない ~仕組み化のレベルから

仕組み経営というのは、”仕組み化するための方法を仕組み化した”ものです。 海外のノウハウをベースにしているので ...

仕組み化を進める基本ステップ

仕組み化のステップ0. 必要性を認識する

このページをご覧の方は、既にこのステップはクリアされていると思いますが、念のためのステップ0として記載しておき ...

経営診断で現状認識 - 仕組み化のステップ1

仕組み化のステップ1は、現状認識です。 仕組み化レベル まずこちらの図をご覧ください。これは私たちが開発した仕 ...

仕組み化のステップ2. 目的地(戦略的目標)を決める

現状認識を終えたら、次は目的地を決めます。この目的地、仕組み経営では、戦略的目標と言っています。 戦略的目標と ...

仕組み化のステップ3. 基本方針について社内合意する

現状認識、目的地の明確化が終わったら、早速そのための仕組み化に取り組みたいところです。 しかし、ここで一歩立ち ...

仕組み化のステップ4. 組織戦略を立てる

次のステップは、組織戦略を立てることです。 組織とは分業の仕組みです。組織無くしては仕組み化もありません。 大 ...

仕組み化のステップ5. 仕組み化戦略を立てる

組織戦略を立てたら、次は仕組み化戦略です。 仕組み化戦略とは、自社内に必要な仕組みを洗い出し、計画を立てること ...

仕組み化のステップ6. 火消しのための仕組み化、マニュアル化を進める

仕組み化戦略を立て、優先順位を立てたら実際の仕組み化やマニュアル化を進めていきます。 ”マニュアル=作業の手順 ...

ミッション、ビジョン、バリュー(理念)を決める - 仕組み化のステップ7

ある程度、マニュアル化や仕組み化を進めたら、次のステップとして、理念の再構築をします。火消しの段階を終えて、成 ...

ステップ8.理念実現のための仕組み化に取り組み始める

さて、これまでのステップでは、現状認識から始まり、理念の再構築までをカバーしてきました。火消しのためのマニュア ...

仕組み化の原則集

【仕組み化の原則】金太郎飴の理論

仕組みに一貫性がある会社ほど、外部から見た時に“スゴイ会社”と見られる傾向があります。 仕組みに一貫性があれば ...

【仕組み化の原則】無印良品の仕組み ~意識改革ではなく仕組み改革~

日本企業では危機に陥ると、意識改革が叫ばれます。会社の上層部は朝礼や懇親会の場で社員を鼓舞し、モチベーションを ...
企業文化

優れた企業文化を作るSpotify社の仕組み【仕組み化の原則】

仕組み化を進めていくにあたって、重要なこととして、コントロールと自主性のバランスを取る、ということがあります。 ...

社長のナンバー2(右腕)の罠【仕組み化の原則】

多くの社長は、ナンバー2が欲しい、自分の右腕を創りたいと考えています。 たしかに実務を回してくれる人がいれば、 ...

カリスマ社長の罠【仕組み化の原則】

あなたはカリスマ的な人物やリーダー、経営者に憧れたことはありますか? 一般的には、優れた経営者になるためには、 ...

人を責めずに仕組みを変える【仕組み化の原則】

仕組み化がなされていない会社の傾向は、問題の原因を人に求めがちである、ということです。あいつの出来が悪いから、 ...

会社(事業)売却と社長の出口戦略【仕組み化の原則】

マイケルE.ガーバー氏著の「はじめの一歩を踏み出そう」を読まれた方であれば、経営者は会社を売れるようにしなくて ...

【仕組み化の原則】革新性 ~普通のビジネスを凄いビジネスにする~

仕組み経営の導入で目指す一つの姿は、「革新性」を持つ会社です。 ここでいう革新性とは、最新のテクノロジーを使う ...

スティーブジョブズや本田宗一郎の最大の功績とは? ~永続性~

ここでは「仕組み経営」の目指すテーマのひとつである会社の永続性についてご紹介します。 目次本当に優れたリーダー ...

拡張可能性 ~指数関数的に成長する~【仕組み化の原則】

会社を創る目的のひとつは、会社を売却可能にすることです。 実際に売却するかどうかは別にして、“ぜひあなたの会社 ...

社長の仕事は2種類ある

世界No.1の中小企業アドバイザー、マイケルE.ガーバー氏によれば、社長の仕事は大きく分けると2種類あります。 ...

「企業は人なり」は幻想?

経営者の、「ヒトの悩み」は尽きることがありません。 多くの経営者の方は、優秀な人材さえいれば、、、と考えますが ...
効果的な社員研修のポイント

アップル社に天才デザイナーはいない?【仕組み化の原則】

仕組みづくりとは、作業のマニュアル化だけではありません。 経営者と社員の価値観やビジョンの共有方法 人材採用の ...

【仕組み化の原則】社長(経営者)の時間管理

会社を次なるステージへと成長させようと思ったら、経営者が職人的仕事、マネージャー的仕事に没頭してしまっているこ ...

【仕組み化の原則】社長(経営者)の人生計画から逆算して事業計画を作る

ビジネスには、オーナーであるあなたの個人的な価値観や人格、人生の目的や計画が反映されています。ビジネスをより良 ...

 

記事中の文章やコンセプト、概念図などの引用、転用、またセミナーや講座などで利用することは一切禁じます。仕組み経営を自社の顧客に伝えていきたい方はファシリテーター制度をご活用ください。また、転用などを発見された方は、こちらまでお願いいたします。