戦略とはコレを決めること



お世話になります。
一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。

これまでのメルマガで、拙著「仕組み化の経営術」の補足説明動画シリーズをアップしております。

今日は第五本目、

「勝ちのシナリオを描く」

をアップしましたので、ご案内します。
​​
▶書籍をアマゾンで見るにはこちら:
​https://amzn.to/3wXAaGw​

​​
■さて、数か月前からちょっとした郊外に引っ越しました。

その関係もあり、仕事で遠出する機会が増えました。

遠出の手段を考える際、毎回少し悩みます。

移動時間が早いことを優先させるか、コストが安い方を優先させるか、移動中に仕事や勉強できることを優先させるか・・・

などなど。

目的地に到着するために何を優先させるかで手段が変わるわけですね。

これと同じことが会社経営にも言えると思います。

すなわち、何か目標があったときに、どの指標を優先させるか?を判断しなくてはなりません。

  • ​​時間か?
  • ​コストか?​
  • はたまた別の指標か?
    ​​

この指標をはっきりさせることが、いわゆる”戦略を立てる”ということになるかと思います。

戦略が決まると、次は、戦略を実行するための仕組みづくりに取り組めます。

別の言い方をすれば、全ての仕組みは、何かしらの指標を向上させるために作ります。

成約率なのか、リピート率なのか、回転率なのか、顧客満足度なのか・・・

追うべき指標をはっきりさせることが、成果と生産性につながります。

今回の動画では、その辺の方法についてご紹介しております。



>仕組み化ガイドブック:企業は人なりは嘘?

仕組み化ガイドブック:企業は人なりは嘘?

人依存の経営スタイルから脱却し、仕組みで成長する会社するための「仕組み化ガイドブック」をプレゼント中。

CTR IMG