仕組み経営レポートはこちらから

「3件の会社・事業売却に成功した仕組みづくりとは」2019年2月インタビューレポート 新部勝美様

今月のインタビューレポートは、実業家。中小企業診断士、認定M&Aアドバイザーの新部勝美さんです。

新部さんは、「はじめの一歩を踏み出そう」を読んで起業・仕組み化し、3件のバイアウト(売却)を実現されました。現在は、その経験を活かし、M&Aのコンサルティングなどでご活躍されています。

 

新部勝美氏プロフィール:

上場企業や年商250億円以上の企業に、起業した複数会社からITメディア、健康食品メーカーなど、3件のバイアウト(会社・事業売却)を経験しました。 バイアウトを狙って起業したわけではなく、次のライフステージやキャリアステージを求めた結果、M&Aエグジットを選択しました。 会社員時代は化粧品大手のコーセーでブランド企画と営業職。現在はITサービス、コンサルティング、M&Aアドバイザリー業を営んでいます。
ウェブサイト:https://www.biztetsu.jp/

 

今回のインタビューでは、

  • どんな事業を売却したのか?
  • 売却のために行った仕組み化とは?
  • 事業売却時のハードルや課題は?
  • 二束三文でしか売れない会社の特徴
  • 高値で売れる会社の特徴
  • 事業売却することの大きなメリットとは?

などをお伺いしています。

会社を売りたい、と既に思われている方はもちろん、今後5年、10年後にどうしていこうか悩んでいるという方も是非ご覧ください。

 

ここから先は会員限定です。会員の方はここからログインしてください。

実践会員になるにはこちらをご覧ください。