初めての方はこちら

仕組み経営とは

「仕組み経営」は、一般財団法人日本アントレプレナー学会が提唱する経営コンセプトです。中小・成長企業経営者向けの書籍として世界的ベストセラーになっている「はじめの一歩を踏み出そう」の考え方を基に、会社経営を「人依存」から「仕組み依存」に変革させるための考え方とメソッドをご提供しています。

  • 自分が現場で働き続けないと会社が運営できない。
  • 社員に仕事を任せられない。
  • 家業から事業へ成長させたい。
  • 成長の壁を乗り越えたい。
  • 熟練社員にしか出来ないブラックボックス業務がある。
  • 社長が代わっても大丈夫なようにして事業承継を成功させたい。
  • 自分の会社を高値で売却したい。

このような課題をお持ちの経営者の方にお役に立てる情報をお伝えしていますので、ぜひお付き合いください。

 

人依存から仕組み依存で実現すること

「仕組み依存」の会社に変革していくことで、次のようなことが実現可能になります。

 

1. 経営者の自由時間

大半の中小企業の社長は、自分自身がプレイヤー(職人)として働いており、経営者としての仕事を 十分にできていません。

その原因は会社が仕組み化されておらず、社長にしかできない仕事がたくさ んあるからです。

仕組み経営では、経営者の仕事を分解し、仕組み化することで経営者が経営の仕事や新規事業に取り 組める時間を増やすことが出来ます。

2. 事業売却(M&A)

高齢や次の人生ために事業売却を望む経営者はどんどん増えています。

しかし、実態は事業売却しても二束三文にしかならないケースがほとんどです。

それは事業の運営が仕組み化されておらず、経営者に依存してしまっているからです。

仕組み経営のノウハウを活用することで事業を仕組み化すれ ば、何倍もの金額で事業売却が可能になります。

3. 家族承継・社員承継

いま、日本の中小企業の社会問題となっているのが事業承継です。

会社を社員や家族に承継する場合 においても、経営を仕組み化しておかなければ、後継者は大変な苦労をすることになります。

また、 経営者自身もいつまでたっても引継ぎが出来ないという状況になります。

4.会長職へ勇退

自分の右腕、No.2を育てたいという経営者はたくさんいます。

そういった経営幹部候補者にも仕組み経営を学んでいただくことで、経営人材を育成することが可能になり、ご自身は会長職への勇退も可能になります。

5. 事業のスケールアップ

経営を仕組み化することで、事業の飛躍的なスケールアップが可能になります。

たとえば、店舗ビジネスでいえば、チェーン店化、フランチャイズ化が可能になります。会社の成長と経営者の自由時間を両立出来るのが仕組み経営です。

 

仕組み経営の成り立ち

次に、「仕組み経営」の思想の元になっているマイケルE.ガーバー氏の紹介をさせていただこうと思います。いま、こうしてあなたに情報をお伝え出来ているのも、マイケルE.ガーバー氏との出会いがあったからです。

1977年、マイケルE.ガーバー氏は、「アメリカのスモールビジネスに夢を取り戻す」と書いた垂れ幕をオフィスに掲げ、最初の会社をスタートさせました。以後、40年近くにわたり、数知れない企業を生まれ変わらせることに成功しました。

マイケルE.ガーバー氏の書籍「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」はビジネス書史上、5番目に売れた本になりました。日本では10年以上前、米国では30年以上前に出版された本ですが、いまだスモール・中小企業経営の教科書として、様々なメディアで取り上げられています。

日本のAmazonでも先ごろ、オールタイムベストビジネス書100(過去出版された本のうち、売り上げ、評価を元に100冊を選出するもの)に選出されています。

同書で紹介された会社の仕組み化(システム化)やマネジメント、リーダーシップなどの経営の原理原則は、その後の中小企業経営のあり方に革命を起こし、いまでもスタンダードになっています。

 

私たちが仕組み化の重要性と方法をお伝えしている理由

仕組み経営で目指す先は、ワールドクラスカンパニー®です。ワールドクラスカンパニー®とは必ずしも大きな会社のことを指すわけではありません。経営のあらゆる側面が卓越した世界レベルの仕組みで運営されている会社のことを指しています。ワールドクラスカンパニー®は、必ずしも大きな会社ではありませんが、そうなれる可能性を秘めている会社と言えます。

私たちはワールドクラスカンパニー®を創るために必要なことは3つあると考えています。

アントレプレナーシップ(起業家精神)

一つ目は、日本人がもともと持っているアントレプレナーシップ:起業家精神(世界をより良い場所にしていきたいという想い)です。アントレプレナーシップと日本人はあまり結びつかないかもしれませんが、戦後の日本を作った起業家たちの功績を振り返れば、日本人は元々起業家精神に溢れた国民なのではないでしょうか。過去、マイケルE.ガーバー氏は以下のようなメッセージをくれました。

起業家精神について真実の話をしよう。
1945 年、ひとつの国が生まれ変わった。
打ちのめされ、焦土から、何の希望もなく立ち上がったこの国は、その後、地球上のどんな国の人たちも
信じられないほど成長した。
誰がやったのか?
起業家である。
誰がやったのか?
あなたも名前を挙げることが出来るはずだ。
日本は起業家によって動かされる、起業家的な国だった。
その後、何かが起こり、政治家によって動かされる、官僚的な国になった。
だから今こそ、私たち全員の中にいる、起業家を見つける必要があるのだ。
それこそ、日本が抱えている問題を解決する唯一の道である。

マイケルE.ガーバー氏は全ての人に起業家精神が備わっていると言います。私たちの生活は、起業家が創ってきたものです。日本には、数え切れないほどの起業家のストーリーがあります。過去のストーリーを語り継いでいくことはもちろん、いま、この時代に生きる私たちが、次なる起業家として、新しいストーリーを創っていくことが、本当の役割ではないでしょうか。

 

クラフツマンシップ(匠の技)

二つ目に、同じく日本人が大切にしている匠の技:クラフツマンシップ(自己成長を続け、商品やサービスの細部への卓越性を追求すること)です。日本には優れた技能や技術、サービスを持った会社や仕事人がたくさんいます。クラフツマンシップによって生まれた商品やサービスは世界中どこでも求められるものになります。

 

システマイゼーション(仕組み化)

アントレプレナーシップとクラフツマンシップの二つだけでも良い会社は出来ます。ただ、せっかく良い商品やサービスを持っていても、それだけでは小さな規模で留まってしまいます。自社が持つ価値をより多くの人に伝えていくために必要なのが3つ目のシステマイゼーション(仕組み化)なのです。

そして、このシステマイゼーション(仕組み化)こそ、多くの日本企業が苦手とする部分だと私たちは考えています。だからこそ、海外発の考え方とメソッドを使い、日本企業の仕組み化をご支援しています。

私たちが日本の会社に仕組み化の重要性をお伝えしている理由は、社長が戦略的な仕事に取り組むため、事業承継に備えるため、生産性を上げるため、などの理由ももちろんあります。しかしそれ以上にお伝えしたい理由は、日本の中小・成長企業が仕組み化を推進することによって、日本人が持つ匠の技(商品やサービス)をより広く世の中に広げていくことができるからなのです。

世の中を良くしていきたいという「想い」、そして顧客の問題を解決するこだわりの「商品やサービス」、さらにそれを広く広めるための経営の「仕組み」。これら3つが相まることで、経営者が本当に望む会社が実現します。

 

これまでの活動の一部

 

仕組み化を進めたい方へ

無料リソース

以下に仕組み経営をご理解いただくための無料リソースをご案内いたします。

▶仕組み経営マスタークラス

▶「はじめの一歩を踏み出そう」概要解説

▶マイケルE.ガーバーから学んだこと

▶社長の仕事365日

 

プログラム一覧

仕組み化を進めたい方は、以下からプログラム一覧をご覧ください。

▶仕組み経営プログラム一覧

 

人気記事

中小企業の組織図の作り方を完全解説

社内ルールとは?作り方、テンプレート(例)、徹底方法を完全解説

業務マニュアルの作り方〜おさえなきゃまずい4つのコツ〜

社長の仕事10選

 

会社の朝礼を意味ある内容にするには?

「企業は人なり」は幻想?

仕事の仕組み化は誰でも出来る。

仕組み化とは何かを完全解説(計画から作り方まで)